生活雑貨

100均ダイソーのズボンハンガー!かけ方も簡単で一家に一本は欲しい

スポンサーリンク

100均ダイソーのズボンハンガー

今回の記事では、

ポイント

  • ズボンハンガーを探している方
  • 100均でズボン用ハンガーを探している方
  • 100均ダイソーのズボンハンガーの使用感を知りたい方

今回の記事では上記のような方たちの悩みに役立てる記事として、100均ダイソーの「ズボン用回転ハンガー2本」を紹介したいと思います。

この記事で分かること。

  • ハンガーの種類
  • ズボンハンガーのかけ方
  • 100均ダイソーのズボンハンガーの詳細
  • 100均ダイソーのズボンハンガーの使用感

はじめに

折りたたみハンガー、バスタオルハンガー、帽子ハンガーなどこのブログでも色々なハンガーをご紹介しました。

今回はズボンを掛けるためのハンガー「ズボンハンガー」のご紹介になります。

ズボンを干すのって結構場所を取りますよね。多くの方が洗濯ポールにそのまま掛けて乾かしていると思います。

また、収納するにもかさばります。ジーンズでしたら折りたたんでもいいですが、スラックスなどではシワになってしまいます。

そんな時にはズボンハンガーが便利です。

ズボンを掛けるのに特化したハンガーになります。

そこで今回は100均ダイソーで見つけた「ズボンハンガー」をご紹介致します。

実際に私が1週間ほど使用してみて、感想を述べていきます。

購入する際の参考にしてください。

ハンガーの種類

100均ダイソーの「ズボンハンガー」を紹介する前に、ハンガーの種類を簡単に見ていきます。

素材

最初に素材により大きく3種類に分かれます。

・プラスチック

最も主流な素材のプラスチック、特にポリプロピレン製が多い。軽量で比較的固く、傷がつきにくい特徴を持っていますので、毎日使用する日用品に向いています。

価格も手頃なものが多く、最近ではコンビニや100円ショップでも見かけます。価格が安い分、耐久性はステンレス製のものと比較すると脆い。

扱い方次第では、数ヶ月で破損するものもあります。

・ステンレス製

他の素材と比べて抜群の耐久性を持つステンレス製。その分価格は高くなりますが、水に濡れても錆びにくく何年でも使えます。

ただ加工が難しいという特徴上、デザインのバリエーションは少なく色もグレーばかりなのがデメリット。また、他の素材よりも重くなり持ち運びにも不便。

・スチール製

錆びやすい欠点を補うために昔からビニールコーティングされているスチール製。価格は手頃で丈夫なため、昔からクリーニング店などでよく使用されるタイプ。

ビニールコーティングで色を付けることができるのと、ステンレスなどに比べて加工がしやすいので衣類用のハンガーとして人気。錆びやすく重いため、物干し用のハンガーには不向き。

形状

次に、形状によりこちらも3種類に分かれます。

・衣類用ハンガー

誰もが最初に思いつくのがこのタイプ、衣類用のハンガー。Tシャツやワイシャツ、パーカーなど何でも干せちゃう優れもの。

デザイン・サイズ・細かい機能も豊富、干した衣類が落ちない工夫がされているものが人気。

・ピンチハンガー

長方形の外観にたくさんの洗濯ばさみが付いたハンガー。下着や靴下など小さめな衣類などを干すのに最適。

サイズも様々、大きいものですと使用しないときは折りたたんで収納できるものもあります。

・パラソルハンガー

その名の通り傘の形をしたハンガー。2つ、3つの傘状の洗濯ばさみの付いた輪が上下に連なって配置され、タオルや下着などを干すのに便利。

使用しないときは閉じることができるので、保管場所を取らないので困りません。回転するので干しやすく、取り込みやすいのが最大の特徴。

ズボンハンガーのかけ方

ズボンハンガーにも種類があり、かけ方も違ってきます。

・ズボンの裾を挟むタイプ

最もシワになりにくいのがこの裾を挟むタイプ。

洗濯干し用にも、収納用にも使えます。

ズボンの裾を挟むのは立ったままですと結構手間なのが欠点。

・クリップで挟むタイプ

最もポピュラーなズボンハンガーがこのクリップタイプ。

ウエスト部分を2つのクリップで挟むだけですので、スカートにも使用できます。

クリップの後が生地に残りやすいのがデメリット。

・半分に折ってかけるタイプ

最もコンパクトに収納できるのが、半分に折ってかけるタイプです。

収納用ですので洗濯物には使えません。

クローゼットの空いた空間を有効活用できます。

半分に折りますので、スラックスなどのシワに弱いズボンには不向きです。

100均ダイソーのズボンハンガーってどんなアイテム?

ズボンハンガー

それではここから今回ご紹介する100均ダイソーの「ズボン用回転ハンガー2本」がどんな物なのかを見ていきます。

材質は全てポリプロピレンです。

ポリプロピレンとは?

ポリプロピレンとはプラスチックの素材の1つで、PPと呼ばれることが多い素材です。

特徴としては比重が小さい、耐熱性が良好、器械的強度に優れている。

引用元:レックスタック,LLC.のHP「ポリプロピレンの特徴とは?」より抜粋

サイズ横幅36cm x 高さ14cm x 幅2.5cmになります。

見た目は普通の衣類用ハンガーの肩先にピンチが左右に各1つ付いています。

一般的な「くの字型」ではなく、直線状の形をしています。ホテルやアパレル店舗などで見られる業務用のハンガータイプになります。

はグレー。

耐荷重は明記されていません。

使用方法も特に明記されていませんが、2つのピンチでズボンのウエスト部分を取り付けるものと思われます。

特徴としましては、下記になります。

・360℃回転するフック

・スライド可能なピンチ

・連結可能なフック付き

販売元は株式会社大創産業、製造は中国になります。

価格は税込み¥110円。

ジーンズで掛ける

実際に使用した感想

それではここから私が実際に1週間ほど使用してみた感想になります。

ここが良かった

はじめに良かったところになります。

ズボンがムラ無く乾く

私は今まで、ジーンズなどのズボン類は選択ポールに直接掛けて乾かしておりました。

ただこの干し方ですと、裏面の乾きが悪くちゃんと乾いていないことがよくあったのですが、この商品を使用することによってズボン全体に風が当たりますので、乾きムラがなくなりました。

また、フックが360℃回転するのも便利です。

他の洗濯物に干渉しないように干すことができます。

連結可能で収納も便利

洗濯物として干す以外にも、クローゼットでの収納にも便利です。

ジーンズなどの折りたたんで収納できるズボンでしたらシワが付いても構いませんが、スラックスなどシワが付くのを避けたいズボンには重宝します。

1つずつクローゼットのポールに掛けておくのもいいですし。

ハンガーの真中部分に連結用のフックが付いていますので、連結させればスペースも有効活用できます。

ちょっとしたアイデアですが、あると無いとでは大違いでしょう。

連結できる

幅の調整が可能

幅の調整が可能ですので、お子さん用の小さなサイズのズボンにも使用できます。

左右に1つずつ付いたピンチは、スライドして位置を変えることができます。

小さいサイズのズボンを掛ける以外にも、少し大きめのサイズを掛けるときにも便利です。

幅を縮めてからピンチを止めて、ポールに干す時に広げることができます。

ズボンのサイズを選ばずに使用できるのが良かったです。

ここがイマイチ

次に良くなかったところになります。

フックは大きめ

S字フックのサイズが少し大きめなことです。

回転式で他の洗濯物に干渉しないのは良かったのですが、フックの口が大きいので風が強いと飛んでしまいます。

ズボンを広げて干すと必然的に風に当たる面積は広くなります。

その分、風の影響を受けやすくなりますので飛んでしまう確率が高くなります。

S字フックを挟むタイプのフックにするなどの工夫があったら良かったと感じました。

大きめなフック部分

総評

それでは100円ショップダイソーの「ズボン用回転ハンガー2本」の総評になります。

私がこちらの商品に点数をつけるとすれば、93点になります。

総評

  • ズボンも効率良く乾く
  • 連結可能で収納にも便利
  • フックが大きい

がこの点数の理由です。

物干し用にも収納用にも便利なズボンハンガーでした。

2本で100円ですのでコスパも最強です。

まだズボンハンガーをお持ちでは無いのでしたらおすすめです。

他のハンガーの記事はこちらをどうぞ。

ハンガー2つ
【100均ハンガー】洗濯物や衣類の収納におすすめ11選、折りたたみ、スライド式など

今回の記事では、 ポイント 100均でハンガーを探している方お値打ちなハンガーを探している方 今回の記事では上記のような方たちの悩みに役立てる記事として、100均のセリアとダイソーの「ハンガー11選」 ...

続きを見る

まとめ

乾きムラをなくして効率良く乾かすことができるダイソーのズボンハンガーでした。

ハンガーの種類はたくさんありますが、ズボンをかけるハンガーは少ないですね。

いきなり高価なズボンハンガーを購入するのも気が引けます。

そんなときは100均の商品に注目してみると面白いと思います。

この記事を参考にしてズボンハンガーを選んで下さい。

この記事が気に入った方は前回の記事もどうぞ。

「100均キャンドゥのスマホスタンドなら吸盤でくっ付くから車載用としても便利だった」

スポンサーリンク

-生活雑貨

© 2022 World from noablog Powered by AFFINGER5