生活雑貨

ドアにくっ付く!玄関扉に100均ダイソーのマグネット付きドアストッパー

スポンサーリンク

マグネット付きドアストッパー

今回の記事では、

ポイント

  • 玄関のドアを固定するドアストッパーを探している方
  • 安くておすすめなドアストッパーの購入を考えている方
  • マグネット付きのドアストッパーを探している方

今回の記事では上記のような方たちの悩みに役立てる記事として、100均ダイソーの「磁石付き ドアストッパー」を紹介したいと思います。

はじめに

買い物に行って両手では持てないほどの荷物を持って玄関に到着した時や、大きな家具や電化製品を購入して家の中に入れようとしたときに玄関のドアを開けたままにしておきたいと思われたことはよくあると思います。

引き戸の扉でしたら開けたままにできますが、鉄製の玄関のドアですとそうはいきません。

そんな時にあったら便利なのが皆さんご存知の「ドアストッパー」です。ドアを開けたまま、好きな位置で固定できる便利なアイテムです。ドアと床の隙間にドアストッパーを差し込むだけで開けたままにできるスグレモノです。

そんなドアストッパーですが、Netショップなどで価格を検索してみると結構なお値段になります。

いきなり高価なものを購入するのは気が引けますよね、できればお試しで安いものを購入してみたいですよね。

そんな方のために今回の記事では100均ダイソーで買える「磁石付き ドアストッパー」のご紹介になります。

実際に私が1週間ほど使用してみて、感想を述べていきます。

購入する際の参考にしてください。

ドアストッパーの種類

100均ダイソーのドアストッパーを紹介する前に、ドアストッパーの種類を簡単に見ていきます。ご家庭で使用できるドアストッパーの種類は2つになります。

・取り付け式

ドアに直接貼り付けて使用するタイプ。折りたたみ式の足を押し下げ、床にフィットさせて固定する。玄関の重い金属製のドアに適しています。

素材は金属やプラスチック製の商品が多くなります。手を使わずとも足で操作できるタイプが人気。

お値段はピンきりですが¥2-3000円ほどのものが主流になります。

差し込み式

ドアと床の間に差し込んで使用するタイプ。

素材は「取り付け式」とは違い、ゴムや木材などで価格も安価なものが主流になります。

必要に応じて抜き差しするだけの簡単なタイプになりますが、毎回着脱するのは面倒なのが欠点です。

お値段は数百円〜高くても¥1,000円ほどのものが主流。

室内での使用頻度が高くなる商品ですので、デザインも豊富になります。

100均ダイソーの「マグネット付き ドアストッパー」ってどんな物?

ドアストッパーマグネット付き裸

それではここから今回ご紹介する「磁石付き ドアストッパー」がどんな物なのかを見ていきます。

タイプは「差し込み式」になります。

素材は「熱可逆性エラストマー」と「マグネット」になります。

「熱可塑性エラストマー」と言う聞いたことのない素材になりますが、下記のような特性を持っています。

プラスチックみたいに簡単に形作れて、ゴムのように弾力がある製品が作れる素材。

引用元:株式会社和光製作所のHPから抜粋

つまりゴム製品です。

サイズは長さが約14.5cm、高さが約6.7cmで厚みが約2cmになります。二等辺三角形のような形で短辺の2箇所は丸くなっており、その2箇所に磁石が挿入されています。使用しないときにはスチール製のドアでしたらくつけておけます。

長辺側を上にしてドアと床の隙間に差し込んでの使用となります。ドアと床の隙間が約1.5cmから5.5cmまでのドアに使用可能だそうです。

色はマットブラック。

表面と丸型の裏面1箇所に滑り止めの筋が入っています。

販売元はもちろん株式会社大創産業で生産は中国です。価格は税込み¥110円。

マグネット付きドアストッパーパッケージ裏面

マグネットが付いていない室内用のドアストッパーをお探しの方はこちらの記事をどうぞ。

ドアストッパー+パッケージ
100均ダイソーの「ドアストッパー」がオシャレじゃないけど便利だった

今回の記事では ポイント ドアを固定するドアストッパーを探している方安くておすすめなドアストッパーの購入を考えている方床を傷つけないドアストッパーを探している方 今回の記事では上記のような方たちの悩み ...

続きを見る

使用してみた感想

それではここから私が実際に1ヶ月ほど使用してみた感想になります。

ドアストッパーを手で持つ

ここが良かった

広い使用有効範囲

はじめに良かったところですが、「使用有効範囲」が広いことです。つまり、ドアと床の高さのことです。先述しましたが、使用有効範囲は約1.5cmから5.5cmまでとなります。

ご家庭や会社の玄関のドアでしたらほとんど使用できる範囲だと思います。高さに合わせて何か設定する必要もありません、ただ隙間に差し込むだけです。

二等辺三角形の形をしていますので、隙間の高さに合ったところでドアは固定されます。

ドアストッパーによっては自宅のドアと床の高さに合ったモノを選ばなければいけませんが、こちらでしたらそんな必要はありませんでした。

マグネット付き

次に良かったところは「磁石付き(マグネット)」です。

使用しないときはそのままドアに付けておくだけで保管できます。置き場所は必要ありません。もちろん大きなサイズではないので何処にでも置けますが、ドアに貼り付けたほうが使用するときも楽です。

玄関を開ければ目の前にドアストッパーが位置しますので、すぐに手に取ってドアを固定できます。探す必要もありませんし、失くすリスクも少なくなります。

また、室内でももちろん使用できます。

スチール製の扉用に磁石が付いたドアストッパーですが、有効使用範囲が広いので高さが違う室内のドアでも重宝するでしょう。

特に玄関用に限っての使用とする必要はありませんでした。

ドアストッパーマグネット付きななめ

ここが良くなかった

両面使用不可

最初に良くなかったところは、両面での使用ができないことです。つまり、滑り止めの切込みが入っている面を上側にしないと使用できません。

大きなマイナス点ではありませんが、初めて使用する方だとちょっと迷うと思います。

上下逆に使用することもできなくはありませんが、隙間の狭い扉でないと無理です、高さが足りないため。使い勝手が良いとは言えません。

ひと目で見てどちらが上か下かわかるともっと良かったと思います。

強度

次に良くなかった箇所は本体の強度です。

コスト削減のためと重量を減らすためだと思いますが、本体の半分は厚さが約1.3cmしかありません。また中心部分にも三角形の隙間があるため強度は弱いです。

上から指で垂直に押しただけでぺしゃんこになります。

ドアに差し込むため力は横から掛るので大きなマイナス点ではないですが、玄関のスチール製の重い扉に何度も設置すると一番細くなっている部分に負荷がかかり切れてしまいそうな印象を受けました。

もう少し長さを短くしてでも、全体に厚みを持たしたほうが強度が増したと思います。

ドアストッパーを上から押す

総評

それでは100円ショップダイソーで買える「磁石付き ドアストッパー」の総評になります。

私がこちらの商品に点数をつけるとすれば、85点になります。

総評

  • 磁石があるとやっぱり便利
  • 両面では使用できない
  • 形状に問題あり

がこの点数の理由です。

磁石が付いて保管場所には困らないドアストッパーでした。

両面で使用できないのと、形状に問題があるのを改良してくれれば、もっと良かったと思います。

まとめ

100均ダイソーの「磁石付き ドアストッパー」のご紹介でした。

ただドアを固定するだけのアイテムですが、有ると無いとでは大違いです。

家計に優しい100均のアイテムで快適な環境を得ることができます。

この記事を参考にして賢い買い物をして下さい。

この記事が気に入って方は前回の記事もどうぞ。

「べっ甲調ブラシが破格の100円で手に入る!100均ダイソーの髪用ブラシ。」

スポンサーリンク

-生活雑貨

© 2021 World from noablog Powered by AFFINGER5