生活雑貨

100均ダイソーのかわいいミニサイズのピンチハンガー!干しきれない洗濯物もラクラク

スポンサーリンク

つけたしピンチハンガー

今回の記事では、

ポイント

  • 小さなピンチハンガーを探している方
  • 100均でかわいいピンチハンガーを探している方
  • 付け足しできるピンチハンガーを探している方

今回の記事では上記のような方たちの悩みに役立てる記事として、100均ダイソーの「つけたしピンチハンガー」を紹介したいと思います。

はじめに

誰でも洗濯物を干す時や取り込む時に困ったことはあると思います。例えば、ハンガーが風で寄ってしまい乾かなかった。急な雨のため取り込むのに時間が掛かって再度洗濯することになった。トレーナーをハンガーで干したら伸びてしまった。

など色々あるとは思いますが、このような経験はありませんか?

「洗濯物を全て干すことができなかった。」

あとちょっとと言うところでスペースがなくなり、部屋干しにした経験は皆さんあると思います。そんな干しきれない洗濯物に役立つアイテムがあるのはご存知でしょうか?小さなピンチハンガーになります。名称は特に決まっていませんが、「ピンチハンガー ミニ」や「付け足しピンチハンガー」などと言う名前で販売されています。普通サイズのピンチハンガーにプラスして使用するものになります。

そこで今回は100均ダイソーで見つけた「つけたしピンチハンガー」をご紹介致します。

実際に私が1週間ほど使用してみて、感想を述べていきます。小さなピンチハンガーを購入する際の参考にしてください。

物干しハンガーの種類

100均ダイソーの「つけたしピンチハンガー」を紹介する前に、物干しハンガーの種類を簡単に見ていきます。

素材

最初に素材により大きく3種類に分かれます。

・プラスチック製

最も主流な素材のプラスチック、特にポリプロピレン製が多い。軽量で比較的固く、傷がつきにくい特徴を持っていますので、毎日使用する日用品に向いています。価格も手頃なものが多く、最近ではコンビニや100円ショップでも見かけます。

価格が安い分、耐久性はステンレス製のものと比較すると脆い。扱い方次第では、数ヶ月で破損するものもあります。

・ステンレス製

他の素材と比べて抜群の耐久性を持つステンレス製。その分価格は高くなりますが、水に濡れても錆びにくく何年でも使えます。

ただ加工が難しいという特徴上、デザインのバリエーションは少なく色もグレーばかりなのがデメリット。また、他の素材よりも重くなり持ち運びにも不便。

・スチール製

錆びやすい欠点を補うために昔からビニールコーティングされているスチール製。価格は手頃で丈夫なため、昔からクリーニング店などでよく使用されるタイプ。

ビニールコーティングで色を付けることができるのと、ステンレスなどに比べて加工がしやすいので衣類用のハンガーとして人気。錆びやすく重いため、物干し用のハンガーには不向き。

形状

次に、形状によりこちらも3種類に分かれます。

・衣類用ハンガー

誰もが最初に思いつくのがこのタイプ、衣類用のハンガー。Tシャツやワイシャツ、パーカーなど何でも干せちゃう優れもの。デザイン・サイズ・細かい機能も豊富、干した衣類が落ちない工夫がされているものが人気。

・ピンチハンガー

長方形の外観にたくさんの洗濯ばさみが付いたハンガー。下着や靴下など小さめな衣類などを干すのに最適。

サイズも様々、大きいものですと使用しないときは折りたたんで収納できるものもあります。

パラソルハンガー

その名の通り傘の形をしたハンガー。2つ、3つの傘状の洗濯ばさみの付いた輪が上下に連なって配置され、タオルや下着などを干すのに便利。

使用しないときは閉じることができるので、保管場所を取らないので困りません。回転するので干しやすく、取り込みやすいのが最大の特徴。

100均ダイソーのつけたしピンチハンガーってどんなアイテム?

つけたしピンチハンガー裸

それではここから今回ご紹介する100均ダイソーの「つけたしピンチハンガー」がどんな物なのかを見ていきます。

最初に素材ですが、本体はポリプロペン、洗濯バサミのバネが鋼線になります。サイズは長さ約22cm、幅約12cm、厚みは約3.5cmになります。上下に2つずつ、計4つの洗濯バサミが付いています。

中心は360度回転可能で、洗濯物が重ならないように干せます。小さなハンガーが上下に2つ付いたような形状をしており、下側の中心には引っ掛ける穴が付いていますので2つ用意すれば連結可能です。

耐荷重は約1kgで洗濯ポールの直径32mmにまで対応しています。洗濯ポールの標準の直径は30mmですのでほとんどの洗濯ポールに使用できるでしょう。耐荷重は約1kgとなっていますが、小型のため靴下や下着、ハンカチなどの小物用としての使用に留めたほうが良さそうです。ちょうどマスクを広げて干すのにいいサイズだと思います。

色は本体部分がホワイトで洗濯バサミの部分がグレーになります。

販売元は株式会社大創産業ですが、製造は中国になります。価格は税込み¥110円。

つけたしピンチハンガー全体

実際に使用してみた感想、おすすめできる?

それではここから私が実際に1週間ほど使用してみた感想になります。

ここが良かった

ちょうど良いかわいいサイズ

はじめに良かったところですが、絶妙なサイズ感だと思います。かわいいミニサイズです。あくまでちょっとのモノを干すことを想定しての商品ですので大きすぎてはいけません。1つから4つの干しきれない洗濯物を干すのにはこれくらいのサイズが本当に良かったと感じました。

普通サイズのピンチハンガーの隅に引っ掛けてもいいですし、洗濯ポールにそのまま掛けても邪魔になりませんし、スペースも取りません。洗濯ポールに余裕があるなら普通サイズのピンチハンガーをもう1つ使用することもできますが、大きいので干すのも手間ですし、その分洗濯物の間隔は狭くなって乾くのに時間も掛かるでしょう。

2つを上下に連結して使用できるのも、下の方の空いたスペースを有効活用できますので良いと思います。下部には連結用のフックを通す穴もありますので、簡単に掛けることが可能です。

重ならない

次に良かったところですが、中心が360度回転しますので洗濯物同士が重なることなく干すことができます。洗濯物干し用にしっかり考えられたポイントだと思います。いくら干す数を増やすことができても乾かなければ意味がありません。

ただ干し方には少し気をつけたほうがいいでしょう。上下のハンガーのアームの部分の長さは微妙に違いますので、上部には短めの洗濯物を干し、下部には長めのモノを干して中心を180度回せばほとんど重ならずに乾かすことができます。

重ならない

ここがイマイチ

フック部分

最初のイマイチだったところですが、頭のフック部分になります。

大きなピンチハンガーや洗濯ポールに簡単に掛けることができるように直径32mmに設計されていますが、少し大きいです。一般の洗濯竿の直径は約30mmになりますので、掛けるのは確かに簡単ですが結構緩くなります。つまり少し強めの風が吹くと外れて落ちてしまいます。

ポールならばまだ良かったのですが、他のピンチハンガーですと骨組みはポールに比べて随分細いので外れる確率は高くなります。ベランダ干しなら落ちても大して汚れることはないかもしれませんが、庭で洗濯物を干すご家庭など地面が土のところですと再度洗い直さなければいけません。

いくら簡単に使用できると言っても落ちてしまうようでは意味がありません。何処にでもちょい干しできるようにという趣旨での設計でしょうが、改良の余地があります。

フック部分

ちょっと硬い

次に360度回る中心部ですが、結構硬いです。スムーズには回ってくれません。強く力を入れるというほどではないのですが、しっかり手で中心部を押さえながらではないと回りません。

コストを抑えるために素材がほとんどプラスチック製というのが原因だと思いますが、マイナスポイントだと思います。

洗濯物を取り付けた状態ですとうまく回りませんので、取り付ける前に位置を決めておく必要があります。面倒です。

「つけたしピンチハンガー」の総評

それでは100円ショップダイソーの100均ダイソーの「つけたしピンチハンガー」の総評になります。

私がこちらの商品に点数をつけるとすれば、75点になります。

総評

  • 丁度いいサイズ
  • 回転するので洗濯物が重ならない
  • でも風で飛んでいく

がこの点数の理由です。

干しきれない洗濯物を簡単にちょい干しできるピンチハンガーでした。

決して悪い商品ではありません、ちょい干しできるのは大変良いアイデアだと思います。

しかしながら、風の強い日には向きません、また洗わなければいけません。部屋干しでいいかな。

まとめ

洗濯物を簡単に効率よく干すには、衣類ハンガーやピンチハンガー、パラソルハンガーが欠かせません。

その他にもアイデア商品はいくつもあります。今回ご紹介しましたピンチハンガーもその1つです。

いくつもの優秀なアイデア商品を販売してきた100均ダイソーさんですので期待しましたが、もう少し効果のあるアイテムだと良かったです。

また違う商品を探してみます。

この記事が気に入ったは、前回の記事もどうぞ。

「100均セリアのハンガーホルダーなら洗濯物が密着しないしポールも固定で良く乾く」

スポンサーリンク

-生活雑貨

© 2021 World from noablog Powered by AFFINGER5