生活雑貨

100均ダイソーのコンパクトなスマホスタンドが小さくて携帯用に最適だった!

スポンサーリンク

ダイソーのスマートフォンスタンド

今回の記事では、

ポイント

  • コンパクトなスマホスタンドを探している方
  • 100均でスマホスタンドを探している方
  • 100均の携帯用の小さいスマホスタンドの使用感を知りたい方

今回の記事では100円ショップダイソーで見つけた「スマートフォンスタンド」をご紹介します。

この記事で分かること。

  • スマホスタンドの選び方と種類
  • 100均ダイソーの「スマートフォンスタンド」の詳細
  • 100均ダイソーの「スマートフォンスタンド」の使用感

はじめに

現代人の生活に欠かすことのできないアイテムとなったスマホこと「スマートフォン」ですが、片方の手、若しくは両手が使えなくなるのが最大の欠点ですね。

スマホだけを操作しているときは問題ありませんが、デスクに向かっての仕事中やキッチンでの料理中にはスマホを操作することができません。

そんなときに重宝するのがスマホスタンドです。

スタンドにスマホをセットすることで両手が空きますし、他のことをしながらでもスマホを確認できるスグレモノです。購入を考えている方も多くいると思います。

しかしながら、世の中には大量のスマホスタンドが販売されています。サイズも色々ですし、価格もピンきりです。

できればコンパクトで携帯しやすく、価格も安いものがあると便利ですよね。でもAmazonなどのネットショッピングで購入しようにもレビューも短いものばかりであてになりません。

そこで今回の記事では、100円ショップダイソーの「スマートフォンスマホスタンド」をご紹介します。

筆者が実際に1週間ほど使用してみて感想を述べていきます。

スマホスタンド選びの参考にしてください。

スマホスタンドを選ぶポイント

はじめにスマホスタンドを選ぶ際のポイントになります。

対応サイズ

ご自身が所有しているスマホのサイズが対応しているのかを最初に確認しましょう。非対応のスマホスタンドを購入しても安定感が得られません。重要ポイントです。

対応荷重

次に重要なのが対応荷重のチェックです。卓上タイプのスマホスタンドでしたらほとんどのスマホの重さに耐えられる作りになっていますが,アームタイプなどスマホを挟んで吊り下げるタイプでは耐荷重以上のものを使用すると落下の原因になります。

充電できるか

スタンド使用時に充電可能かどうかもチェックしましょう。スタンドによっては形状によって使用時に充電できないタイプもあります。長時間スタンドを使用するのなら充電できるタイプの方が便利です。コードを通しやすいように工夫された商品もあります。

折りたたみ可能

外出時でも使用したいなら折りたたみ可能タイプがおすすめです。コンパクトサイズでバックやポケットにも入るタイプが便利で重宝します。ご自宅で使用する方でも折りたたみタイプでしたら、片付けるのも簡単でデスクの引き出しにも簡単に収納できます。

角度調整

使用時に最も重要なのがこちらの角度調整になります。対応サイズと耐荷重をチェックした後に忘れずに確認しましょう。角度調整ができないタイプですと、使用する方ご自身がスタンドの向きに姿勢を合わせなければいけません。アーム式でしたら360℃角度調整できるものが理想です。スタンドタイプでも多段階調整ができるものが使用時のストレスを軽減できて便利です。

スマホスタンドの種類

スマホスタンドの種類は大きく3つに別れます。

・スタンドタイプ

スタンドタイプ

机やテーブルの上で置いて使用するならスタンドタイプがおすすめ。最もスタンダードなタイプで、安定感は一番。角度調整が可能なタイプが人気で種類も豊富。

素材により価格もピンきりですが、比較的お手頃な物が多い。

・アームタイプ

アーム式

角度も高さも調整できるアームタイプでしたら、立ったままでも寝転んででも使用できます。ベットの脇に設置すれば寝る前の読書や映画鑑賞もお手の物。

キッチンで使用するなら、レシピを検索するのも簡単です。ただ、デメリットとして揺れやすいことが挙げられますので、あまり操作をしない使い方がいいでしょう。

・車載用ホルダー

車載用スマホスタンド

車でタブレットを使用したいのならこの車載用ホルダーです。ナビとして使用することはできませんが、ヘッドレストに設置すれば後部座先の方は映画などを楽しむこともできます。

小さなお子さんがいるご家庭でしたら、旅行などの長時間のドライブでも退屈しません。

100均ダイソーの「スマートフォンスタンド」どんなアイテム?

ダイソーのスマホスタンド全体

最初にダイソーの「スマートフォンスタンド」がどのような商品なのかみていきましょう。

本体の材質「ポリスチレン」、滑り止めは「シリコーンゴム」になります。

「ポリスチレン」はプラスチックの1種で、発泡スチロールなどに代表される日常生活に密接した素材になります。

・特徴や長所・短所はこちらのサイトが参考になります。

「ポリスチレン(スチロール樹脂)の特性と用途 安価な大量生産品に最適」

「シリコーンゴム」は「シリコン」と混同されるかもしれませんが、

シリコンは元素

シリコーンはシリコンを精製した化合物

引用元:「シリコンって何?シリコーンって何?Silicon? Silicone?」

になり、「石」からできている化合物です。

・特徴や長所・短所はこちらのサイトが参考になります。

「シリコンって何?シリコーンって何?Silicon? Silicone?」

サイズですが、折りたたみ時で幅 6 x奥行き 8 x 厚さ0.8 cmになります。一番広げたときで幅は約 11.5cmになります。

白と黒がありましたが、私は白にしました。

耐荷重は明記されていませんが、使用できるスマホの厚さは1cmまでです。スマホをセットする溝の幅が約1cmになりますのが理由です。

底面にシリコーンゴムを使用した、滑り止めが付いています。

使用方法は、角度調整ができる部分を好きな角度に開いてそこにスマホを乗せるだけです。

特徴としては「折りたたみ可能」、「角度調整が可能」、「コンパクトで持ち運びに便利」の3点になります。

販売元は大阪府東大阪市の株式会社モリトクになります。

スマホスタンドの裏面
スマホスタンドの裏面

実際に使用した感想

それではここから私が実際に1週間ほど使用してみた感想になります。

iPhone12を使用して検証していきます。

ここが良かった

それでは、はじめに良かった点になります。

コンパクトで持ち運びに便利

ダイソーのスマホスタンドを手で持つ

折りたたんだ時のサイズは約 6 x 8 cmと非常にコンパクトです。厚みもたったの 0.8cmですので携帯用として持ち運びに大変便利です。

バックなどにはもちろんのこと、ジャケットやYシャツ、ジーンズのポケットにも簡単に入ります。厚みが8mmというのが重要なポイントだと思います。

スマホの厚みとほぼ同じです。今までに100均のスマホスタンドを何点かご紹介しましたが、これほどコンパクトで薄いスマホスタンドは初めてです。

持ち運ぶときだけでなく、自宅やオフィスでの使用にも重宝します。デスク上に置いておいてもジャマになりませんし、収納するのにも引き出しに簡単に入ります。

角度調整が可能

次に角度調整が可能なことです。多段階調整でも、360℃回転可能でもありませんが、好きな位置で角度を調整できます。

他段階調整ができるタイプは、数本の溝が用意されていて、その部分にセットすることにより角度を調整できるものが多いです。

しかしながら、今回の商品には一切の溝はなく、スタンドの背の部分を傾けて角度を調整するタイプです。

このタイプの100均のスタンドの最大の欠点として、「滑らかさ」がないことが挙げられます。ほとんどの素材がプラスチックなため、スムーズに動かない商品が多くありました。

本商品も同じと思っていたのですが、いい意味で期待を裏切られました。非常にスムーズに傾きます。

パッケージの素材の欄には明記されておりませんでしたが、連結部に鉄かアルミが使用されているのが見てわかります。それ故に、硬くて動かないなどの不具合はありませんでした。

ここがイマイチだった

もちろんイマイチなところもありました。

充電不可

充電しながらの使用は残念ながらできませんでした。

充電可能なタイプですとスタンド下部には充電用のコードを通すことができる穴と適切な空間が用意されているのですが、こちらは直接スマホを乗せるタイプなのでどちらもありませんでした。

横向きに使用するときは充電できますが、縦置きでは不可能です。大きなマイナス点ではありませんが、残念なポイントになります。

安定感も今ひとつ

次にスマホをセットした時の安定感になります。持ち運びに便利なコンパクトサイズが長所の本製品ですが、その小さいサイズが裏目に出ました。

幅は約6cmしかありません。iPhone12を縦置きでセットすると左右5mmほど飛び出します。

また、背面にあたる部分も長さは約5cmしかありません。スマホの半分以上が何も支えられていないことになります。上記の理由により、安定感は今ひとつとなります。

軽くスマホを支えるように親指で操作しないとグラグラと揺れてしまいます。動画を見るなど長い時間操作をしないのでしたら問題ありませんが、Lineやメールのチェックを頻繁にするのには向いていません。

iPhoneには向かない

そして、本製品の最大の欠点が「iPhoneシリーズ」には向かないことになります。

iPhone全てのシリーズではありませんが、最近のホームボタンがない下からスワイプするタイプですと、手がスタンドにあたって上手くアプリを閉じることができませんでした。

横置きでしたら問題ありませんが、縦置きにしての使用では不向きです。スタンド下部の出っ張りがもう少し短くないと上手く操作できません。

大きなマイナス点だと感じました。こちらも先程の「安定感は今ひとつ」の項で述べたように、動画を鑑賞するなど長い時間操作する必要がないアプリでないとストレスを感じるでしょう。

スマホスタンドにiphoneをセット縦向き

総評

それでは100円ショップダイソーの「スマートフォンスタンド」の総評になります。

私がこちらの商品に点数をつけるとすれば、75点になります。

総評

  • 角度調整が可能
  • 折り畳めて手持ち運びに便利
  • iPhooneには向かない

がこの点数の理由です。

軽量コンパクトで携帯用にはおすすめのスマホスタンドですが、形状には問題がありました。

iPhoneだけでしか検証していませんので他のスマホの使い心地はわかりませんが、iPhoneにはあまり向きませんでした。スタンド下部の長さを調整して、再度販売されたほうがいいのではないでしょうか。

まとめ

100均ダイソーの「スマートフォンスマホスタンド」のご紹介でした。

様々な種類のスマホスタンドからご自分に合ったものを見つけるのは大変です。買ったけれど思ったほどの効果がなくて使わなくなってしまってはもったいないですね。

そんなときには100均の商品を試して見えはいかがでしょう。

この記事が気に入った方は前回の記事もどうぞ。

「100均ダイソーの折りたたみ式スマホスタンド! iPhoneでも快適なテレワークを」

スポンサーリンク

-生活雑貨

© 2021 World from noablog Powered by AFFINGER5