雑記

40歳を過ぎても独身の男女は幸せになれるのか?

今回の記事では、

ポイント

  • 40歳を過ぎても独身の男は不幸なのか?と悩んでいる方
  • 適齢期を過ぎても結婚できないと悩んでいる方
  • 40歳を過ぎても独身の男のリアルな心情を知りたい方

今回の記事では上記のような方たちの悩みに役立てる記事として、私なりの意見を示してみたいです。

あくまで私個人の意見になりますので、あーこんな意見もあるんだなとゆるっと読んでください。

教会

初めに 

現代社会は少子高齢化に伴い晩婚化も非常に進んでいます。40歳を過ぎても結婚せずに独身を貫き通す方が男女問わず増えております。TVドラマでも阿部寛さん演じる「結婚できない男」が人気を博しておりましたが、実際のところはどうなのでしょうか?

結婚できない・しない男女は幸せに慣れないのでしょうか?かくいう私もまだ独身です。今年で46歳になりますがまだ未婚です。一度も結婚をしたことはありません。もちろん人生の中で何人かの女性と交際はしましたが、結婚を考えた相手はいませんでした。特別に結婚したいと思ったことはないのですが、世の中の人たちはそう思ってくれません。

私が感じた世の中の人たちの考える結婚観と結婚しない人たち結婚観の違いを私個人回答を提示していきます。

結婚できない男は不幸なのか?

結婚をしない男女は、結婚をしている男女と比較して不幸なのでしょうか?

35歳を過ぎた頃から結婚に関しての私の周りの人達の気遣いと言うか、気まずさと言うのか、そんなものをよく感じるようになりました。会社では「誰々さんが結婚決まった」なんて言う会話が始まっても、私がいることで会話の流れが止まると言うことをよく目撃しました。

友達と飲んでいても結婚もしていなく彼女もいない私に誰か紹介しようか、などの言葉をよくかけてもらいました。でも周りの皆さんの気遣いはよくわかるのですが、私は特に何も感じてはいませんでした。それは私自身が結婚していないことで、不幸だとは感じていなかったからです。

ただ世間の人はそうは思ってはくれないのでしょう。だから、適齢期を過ぎて人たちにはある程度気遣いをしているのでしょう。不幸とまでは思っていなくても何か幸せではない人達と言う感じで考えているのではないでしょうか?

私が思うにこれは昔ながらの日本の風習や考え方によるのではないでしょうか。「男は仕事をしてお金を稼ぎ、女は家庭を守る」このような考え方がまだまだ現在の日本には残っていると思います。だから昔の人は未婚の男女がいればお見合いをさせたりして、家庭を持つようにさせたのだと思います。

また、現代社会とは働き方が違ったのも原因だと思います。女性が社会で働く機会が今とは違いまだまだなかったからこそ、適齢期には結婚できるように周りの人たちが面倒を見たのだと思います。

結婚しない?それともできない?

女性も男性と同じように社会に出て働くようになり、一人で生きていけるようになった現代。結婚を必要としない人たちが増えてきたのだと思います。

40歳を過ぎても結婚をしていない人は本当に結婚したいのでしょうか?それとも結婚したくともできないのでしょうか?私は特にしたいと思ったことはありません。多分周りの人たちからは結婚できないと思われているでしょうが、そうではありません。心配してくれる人たちが思っているほど、私は結婚を望んではいません。未婚の人たちの多くは私と同じ考えではないのでしょうか。

これといって特に必要性を感じないのです。

料理もできます。掃除洗濯も結構好きです。もちろん昼間は仕事をしている為、1日にできることは限られますが土日の休みを使えば特に問題ありません。Yシャツのアイロン掛けなど面倒に感じることもありますが、奥さんがいないから大変と思ったことはありません。男の私でさえこのように感じるのですから、女性で仕事をして収入のある方でしたらもっと結婚の必要性を感じない人は多いのではないのでしょうか。

家族の写真

結婚しないことのメリット

ここからは結婚をしないことのリアルなメリットとデメリットを私個人の経験から述べたいと思います。

初めにメリットですが、たくさんあります。一番はやっぱりお金です。普通のサラリーマンですのでたいした月収ではございませんが、丸々自分の好きなように使えます。もちろん必要最低限の生活費は残さないといけませんが、あとは自由です。給料の全部を毎月使い切ることはもちろんありませんが、買いたいものがあればすぐ買えます。

これが結婚している家庭の旦那さんと比べたら一番大きなメリットではないでしょうか。毎週のように飲みにもいけます。私は外で飲むのが大好きなので我慢したくありません。夜中の2時、3時までよく飲んでいます。結婚している家庭でしたらこんなことはあまりできないのではないのでしょうか。

このように時間も自分の好きなように使えます。自由です。家族に合わせて予定を組んだり時間を合わせる必要もありません。好きな時間に外出したり、家で寝ることもできます。昼間に寝ていても家族に邪魔にされることもありません。

また、子育ても必要もありません。私は子供があまり好きではありません。特にうるさいのが嫌いですので、小さい子供の大きな声も聞かなくていいです。思春期の子供の相手もしたくありません。自分の中学生頃のことを考えると人間において一番面倒な年齢だと思います。

結婚しないことのデメリット

もちろんデメリットもあります。

なんだかんだで忙しい時でも家事はすべて自分んでしなければいけない。先ほど、掃除や洗濯が結構好きだと述べましたが、忙しい時はやっぱり面倒です。洗濯物や食器が山盛りに放置されることは結構あります。奥さんがいればこんなことはないのでしょうが。

次に、自分が歳をとってから面倒を見てもらえる人がいないことです。これが独身の方にとっての最大のデメリットではないでしょうか。もちろん子供がいれば面倒を見てもらえると決まっているわけではないのでしょうが、いるといないのでは大きな違いです。老後も1人で生活しなければいけない。もし何かの病気にかかっても自分一人で切り抜けなくてはいけないことを考えると確かに不安です。元気で体も動くうちはいいのですが、歳をとって足腰が弱くなれば買い物だけでも大変になるでしょう。

そして最後に1番のデメリットは寂しくなると言うことではないでしょうか。今のところはあまり感じませんが、70歳80歳になれば外出することもあまりなくなるのではないでしょうか。そうなると家で一人での生活では話し相手がいませんので、口数も少なくなっていくと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか、以上が40歳を過ぎても独身でいる男のリアルな心情でした。参考になりましたでしょうか。

メリットとデメリットで色々書きましたが、結局は自分の気持ち次第ですね。幸せも不幸も自分の気持ちの持ちようでどうにでもなります。

私は独身でも特に不幸とも感じませんし、大きな不安もありません。

結婚しなくとも幸せに生きていけると思います。

-雑記

© 2020 World from noablog Powered by AFFINGER5