生活雑貨

100均ダイソーのマウスパッドがMagicMouseと相性抜群だった、そのレビュー

スポンサーリンク

マウスとマウスパッド

今回の記事では、

ポイント

  • パソコンのマウスに快適なマウスパッドを探している方
  • 安くて使いやすいマウスパッドが欲しい方
  • マウスを使用中に腕が疲れるのをなんとかしたい方

上記のような方たちの悩みに役立てる記事として、100均ダイソーの商品「マウスパッド」をご紹介します。

この記事で分かること。

・マウスパッドの種類

・100均ダイソーのマウスパッドの詳細

・100均ダイソーのマウスパッドの使用感

はじめに

パソコン操作に必須のマウスですが皆さんマウスパッドは使用していますか。最近ではマウスが進化したためにあまりマウスパッドを使用しなくなったのではないのでしょうか。ボール式だったマウスの時にはどうしてもボールの滑りをよくするためにマウスパッドが欠かせませんでした。スポンジやシリコン製のマウスパッドがないとうまく操作できませんでしたね。

しかし、昔のボール式のマウスとは違い最近のはほとんど光学式のマウスばかりです。マウスパッドがなくてもほとんどの机の上で問題なく使用できます。マウスの接続方式も毎年のように進化して現在ではワイヤレス式が主流になっております。ジャマなコードと一緒にマウスパッドも影を潜めておりました。

そんな一時期はよく見かけたマウスパッドですが、ここ最近ちょっと変化してきています。私も長いことマウスパッドを使っていなかったのですが、久しぶりに見かけて思わず買ってしまいました。それも100均でです。もともとマウスパッドなんて下敷きがあれば使えると思っていたのですが、最近のは昔のものと少し違います。

それは「ハンドレスト付き」です。つまりマウスパッドの盛り上がった部分に手の甲にあたる部分がフィットするようになっていまして、マウスの操作中でも手が疲れません。マウスパッドなしでマウスを使うと、手は少し浮いた感じで操作する必要がありましたので長時間の操作ではどうしても手が疲れてしまします。そんなちょっとした工夫で使いやすくなるならと、購入したマウスパッドがどんな使用感なのかを今回はレビューしたいと思います。

マウスパッドの種類

マウスパッドの種類は大きく分けると2つになります。

ハンドレストのありなし

・ハンドレスト付き

マウスパッドの端に、手首を乗せることができる盛り上がりが用意されているタイプ。

作業時間に関係なくハンドレスト付きでしたら、手首に負担がかからず快適にマウス操作を可能にします。あまり大きくマウスを動かさない作業がメインの方に向いています。

マウスを長時間使用する場合手首だけでなく、肩にも負担がかかるのでハンドレスト付きがおすすめです。

・ハンドレストなし

ハンドレストが付いていない、真っ平らのタイプ。

サイズは小さいものから大きいものまで様々。小さいものでの長時間の作業には、手首が疲れるので不向きです。デザインやCADなど大きなマウスパッドが必要な方に向いています。

素材

使用されている素材によっても違いがあります。

・ガラス

マウスの滑りを重視する方におすすめ。光学式やレーザーのマウスを使用している方でしたらこちらがいいでしょう。

マウスの引っ掛かりが少なく、スムーズに動作します。重量は重くなるので、持ち運びには不向きなのがデメリットです。

・ポリウレタン

一般的な素材がこちらのポリウレタン。プラスチック製品ですので価格も安くもっとも流通しているタイプ。

どのタイプのマウスでも使用でき、サイズやデザインも豊富です。

・布

布製でしたら滑りやすさと止めやすさを両方兼ね備えています。

細かな作業が必要なデザイナーや、狙ったところでしっかり止める必要があるゲーマーに向いています。

・ゴム

裏面にはゴムや加工を施してあるものでしたら、滑り止めになりますので、使い心地も向上します

その分価格は高くなる傾向にあります。

100均ダイソーの「マウスパッド」ってどんなマウスパッド?

マウスパッドとパッケージ

今回購入した商品は先ほども述べたとおりハンドレスト付きのマウスパッドです。正確には低反発のハンドレストとなっております。対応しているマウスのタイプは光学式・ボール式の2つになります。今でもボール式のマウスってあるのでしょうか。サイズは225x190mmと割と小さめです。厚さは明記されておりませんが、約2ー3mmほどです。マウスがちょうど3つくらい収まるくらいのサイズです。

形は楕円型でマウスを動かすのにちょうどいいサイズ感ではあります。材質はポリエステルとポリウレタンフォームとなっております。触った感じはウレタンそのままです。非常に軽いですがそんなに安っぽくは感じません。

色は黒しかありませんでした。私が使用しているappleのMagic Mouse2は白です。新しい黒いMagic Mouse2ですと2つとも同じ色になるので認識しづらいかもしれません。マウスを置いて動かしてみた感じは結構スムーズです。机に直置きして使用するときは音がしますが、マウスパッドの上ですとほぼ無音です。

ハンドレストに手を置いて使用してみた感じはなかなかのもので、結構スムーズに動きます。耐久性は正直微妙ですね、やっぱり価格が100円ですので長いこと使用するのは難しいかもしれません。

100均ダイソーのマウスパッドを使用してみたメリットとデメリット、おすすめできる?

それでは私が実際に1週間使用してみた感想を述べたいと思います。

ここが良かった

初めにメリットというか良かった点です。

快適

予想以上に大変快適でした。

一番最初に感じたのは、長いことマウスパッドは使用していなくて少し後悔しています。まず、マウスの動きが非常に滑らかです。ただのウレタンの上を動かしているだけなのですが、大変スムーズです。また私は長い時ですと3時間4時間ほどパソコンで作業をするのですが、腕も手も全く疲れません。マウスパッドを使用していなかった時は1時間もすれば腕が緊張してきましたが、そんなことも全くありません。

サイズも最初に見た時は少し小さいかなと思いましたがそんなことはありませんでした。ちょうどいいサイズ感でした。狭さは全く感じないで快適にマウスを動かせました。昔から気になっていたマウスのダブルクリックの時に出る音や、机の上で直に動かしていた時にでる音も素材のウレタンが吸収してくれてほぼ無音になります。気が散らずにパソコン作業に集中できました。

それにハンドレストに腕を乗せることによって、手を固定できますのでMagic Mouse2との相性もいいです。Magic Mouse2を使用している方でしたら分かると思いますが、1本指で左右にスクロールや2本指で左右にスワイプなどのジェスチャーが快適に行えます。

ひょっとしてこのマウスパッドはMagic Mouse2のために開発されたのではないかと思えるほどです。

マウスパッドとマウスと手

ここが良くなかった

もちろん良くなかったところもありました。

滑る

次に良くなかった点ですが、裏面にゴムも付いていませんし、加工もされていませんので、多少滑ります。

私は普段パソコン作業はメールやエクセルがメインとなりますので、あまり大きくマウスを動かくことは少ないのですが、それでもモニターを2つ使用してwebで調べ物をする時などに大きくドラッグしなければいけない時もあります。

そのような時には、マウスパッド自体が滑って動いてしまい、操作ミスが起こることが度々ありました。

大きな問題点ではありませんでしたが、裏面にゴムが貼られているタイプでしたらこのようなことも起きなかったと思います。

100均ダイソーの商品「マウスパッド」の総評、おすすめ度

それでは100円ショップダイソーの商品「マウスパッド」の総評になります。どのくらいおすすめできるのでしょうか?

点数をつけるとすれば95点です。

総評

  • ワンコインで買える。
  • 動きが大変スムーズ
  • 手や腕が疲れない

がこの点数の理由です。

本当に今回のマウスパッドはおすすめです。今までもいろいろなものを100円ショップで購入しましたが、こちらの商品が最高でした。たったの100円で(実際は消費税込みで110円ですが)これほど実用的な商品は初めてです。

今まであまりマウスパッドを使用してこなかった方にはぜひ使ってほしいいです。

100均ダイソーのマウスパッドのまとめ

以上が100均ダイソーの「マウスパッド(ハンドレスト付き)」のレビューでした。

珍しく不満点が少なかった商品になりましたが参考になりましたでしょうか。

Magic Mouse2での使用感になりますので、他のマウスですとここまで快適かはわかりません。

気になった方は一度お試しください。

前回の記事「40歳を過ぎても独身の男・女は幸せになれるのか?ダメなのか?考えてみた」もどうぞ。

スポンサーリンク

-生活雑貨

© 2021 World from noablog Powered by AFFINGER5