映画

面白い?コメディ映画,アン・ハサウェイなど2大女優出演の「ブライダル・ウォーズ」

スポンサーリンク

結婚式

今回の記事では

ポイント

  • 「ブライダル・ウォーズ」ってどんな映画?
  • 出演者は誰なの?いつ製作された映画なの?
  • 簡単なあらすじが知りたい
  • ジャンルはなに?サスペンス?コメディー?
  • どのくらいおすすめ?

今回の記事では上記のような方たちの悩みに役立てる記事として、面白いコメディ映画「ブライダル・ウォーズ」をご紹介します。

はじめに

何か面白い映画はないかなーと探している方。そんな方のために、自称映画オタクの私が好き勝手に作品をレビューしていきます。

映画鑑賞歴約35年、中学生の時から映画に魅了され延7000本ほどの映画を見てきました。そんな映画オタクが観た映画をレビューして、最後におすすめ度を点数をつけて評価していきます。

映画選びの参考にしてください。

映画情報

コメディー映画「ブライダル・ウォーズ」。

映画情報

  • ジャンル   コメディ・ロマンス
  • 監督     ゲイリー・ウィニック
  • 脚本     グレッグ・デポール
  • 製作     ケイト・ハドソン
  • 音楽     エドワード・シェアマー
  • 公開     2009年1月
  • 上映時間   89分
  • 製作国    アメリカ
  • 言語     英語

出演者

  • ケイト・ハドソン
  • アン・ハサウェイ
  • クリス・プラット

映画「ブライダル・ウォーズ」のあらすじ

幼なじみで親友のリブ(ケイト・ハドソン)とエマ(アン・ハサウェイ)。二人の夢は結婚式をプラザホテルで6月に挙げること。

同じ日にプロポーズされた二人はさっそく一緒にウエディングプランナーに会いに行く。しかし、ウエディングプランナーのミスで二人の結婚式は同じ日時になってしまう。どちらかが譲らなければ、お互いの結婚式に出席できない。

大親友だった二人は周りを巻き込むほどの大喧嘩を始めてしまい、どうにもならない状態に。とうとう結婚式当日、二人は自分たちの式を決行してしまう・・・・・・。

キャスト紹介

ケイト・ハドソン

父親がカントリー歌手のビル・ハドソン、母親が女優ゴールディ・ホーンという家庭に生まれるが、幼い頃に両親が離婚し、彼女が3歳の時よりゴールディ・ホーンのパートナーである俳優カート・ラッセルが育ての父となる。映画デビューは98年の「DESERT BLUE」。99年の「200本のたばこ」などで注目を集め、キャメロン・クロウ監督の「あの頃ペニー・レインと」(00)ではアカデミー賞助演女優賞にノミネートされる。00年12月、ロックバンド、ブラック・クロウズのヴォーカル、クリス・ロビンソンと結婚し、04年に男の子を授かる。その他、03年にはゴールディ・ホーンと自身の製作プロダクションを設立。公私ともに充実しているようである

引用元:映画.Com ケイト・ハドソン

アン・ハサウェイ

ニューヨーク・ブルックリン出身。弁護士の父と舞台女優の母の間に生まれる。99年、TVシリーズ「ゲット・リアル」の主人公役に抜擢され、女優としてのキャリアをスタート。01年「プリティ・プリンセス」の主役で映画デビューを果たし、若い世代の女性から絶大な人気を得る。以降、アン・リー監督の「ブロークバック・マウンテン」(05)、メリル・ストリープ共演の大ヒット作「プラダを着た悪魔」(06)で演技の幅を拡げ、08年の「レイチェルの結婚」ではアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネートされるまでに成長。その後も「アリス・イン・ワンダーランド」(10)や「ダークナイト ライジング」(12)といった話題作への出演が続き、順調にキャリアを積み重ねる。ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」(12)では、大幅な減量に加えて髪を短く切り落とした渾身の役作りと見事な歌唱力でアカデミー助演女優賞を受賞した。プライベートでは、12年に俳優のアダム・シュルマンと結婚した。

引用元:映画.Com アン・ハサウェイ

クリス・プラット

2000年ごろから俳優として活動し、「エックス・チーム」(02・日本劇場未公開)で本格的に映画出演を果たす。TVシリーズ「エバーウッド 遥かなるコロラド」(02~06)、「The OC」(06~07)で10代を中心に人気を集め、大ヒットシットコム「Parks and Recreation(原題)」(09~15)などでも活躍。映画では「マネーボール」(11)のメジャーリーガー役で注目を浴びる。マーベル・スタジオの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(14)でヒーローチームのリーダー、スター・ロード役に抜てきされ、シリーズ第2作「リミックス」(17)にも主演。大ヒットSFアクション「ジュラシック・ワールド」(15)、続編「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(18)でも主演を務める。同2シリーズでハリウッドスターとしての地位を確立し、「マグニフィセント・セブン」(16)、「パッセンジャー」(16)といった話題作に出演する。「パーティー・ナイトはダンステリア」(11・日本劇場未公開)の撮影現場で出会った女優のアンナ・ファリスと09年に結婚したが、17年に破局した。

引用元:映画.Com クリス・プラット

結婚

コメディ映画「ブライダル・ウォーズ」を観た感想、おすすめできる?

コメディ全盛期のハリウッド映画を思い出す

最近ではこのような映画は少なくなりましたが、1980年代後半から90年代にはたくさんありました。B級映画ほどの低予算の作品ではありませんが、ストーリーは重要ではなくただその時を楽しむだけの笑える作品です。

このような作品で最も有名な興行的に成功した作品が「ホーム・アローン」ではないでしょうか。全く無名の子役だったマコーレー・カルキンが主演のドタバタ劇のコメディ。この作品ももちろんストーリーはありきたりですが、主人公と泥棒が繰り広げるはちゃめちゃなやり取りがただただ笑えて面白く、スカッとする作品です。日本で言うところの吉本喜劇でしょうね。

そう言う意味ではもっとコメディ要素を強くしてもよかったのではないかと思います。エマとリズのやられたらやり返す大喧嘩のシーンの数々を今回の作品のように小競り合い程度ではなく、もっとはちゃめちゃにするくらいのアイデアがほしかったです。

せっかくコメディが得意なクリステン・ジョンストンがいても今回の役では実力を発揮できていません。ケイト・ハドソンとアン・ハサウェイの2大女優を起用していて話題性はありますが、中途半端な印象は拭えません。とは言えテンポは良く進んでいくので、観ていて飽きることはありません。上映時間もコメディーにはちょうど良い90分ですので退屈することはないでしょう。

どちらかというと女性向き

男性目線から観るとこの作品本当にどーでもいいような内容です。一応エマとリズの彼氏役との結婚までのやりとりも描かれてはいますが、軸はやっぱり2人の主人公の結婚式までのやり取りになります。国が変わろうと結婚式への愛着はどうしても女性の方が強いようです。作品中でも二人の結婚相手は脇役であり、俳優もパッとしません。今ではマーベルシリーズの「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」で有名なクリス・プラットもこの頃はまだ普通のおっさんです。

結婚式場に限らず、ドレスや招待状のカード選びなど女性にとっては重要なことでも男としては何の興味もありません。この作品を男性が予備知識なしに見ようとするとすぐに嫌になるかもしれません。あくまでドタバタなコメディ作品と理解してみた方が楽しめると思います。

友情がテーマ?

タイトルにあるようにこの作品の舞台は結婚なのですが、テーマ自体は結婚よりも女性の友情だと思います。結婚式に向けて2人の主人が繰り広げるバトルと友情のコメディというのが最も最適な説明だと思います。

ただ設定に難ありです。幼なじみの2人が同じ日に結婚式を挙げることとなり、小さな頃から夢見てきた結婚式が叶わなくなる。いくつかの試練を乗り越えて二人の友情は深まっていく、その中で繰り広げるケンカの過程が面白いといったものなのですが、何も結婚式を舞台にしなくてもよかったと思います。

むしろ大学生くらいの設定にして彼氏を奪い合うといった設定の方がよかったと思います。ドラマ的な要素とコメディの要素が入り混じった作品な為、軸がしっかりしておらずストーリーに深みもないので感情移入もできません。

映画「ブライダル・ウォーズ(洋画)」の総評、おすすめ度

それでは映画「ブライダル・ウォーズ」の総評になります。

私がこちらの商品に点数をつけるとすれば、60点になります。

ポイント

  • 2大女優が共演
  • 中途半端なコメディ
  • 中途半端なドラマ

がこの点数の理由です。

喜劇として観ていいのか、ドラマとして観ていいのか考えてしまう作品です。

定額制の見放題で観るならあり、レンタルで観るならなしといったところでしょうか。

おすすめ度は中です。

つまり、暇つぶし程度な作品です。

この記事が気に入った方はこちらもどうぞ、、

no image
おすすめ香港カンフーアクション映画「イップ・マン外伝 マスターZ」!

今回の記事では ポイント 「イップ・マン外伝 マスターZ」ってどんな映画?出演者は誰なの?いつ製作された映画なの?簡単なあらすじが知りたいジャンルはなに?アクション?ドラマ?どのくらいおすすめ? 今回 ...

続きを見る

コメディ映画「ブライダル・ウォーズ」のまとめ

映画「ブライダル・ウォーズ」の紹介でした。皆さんなら今回の作品をどのように評価するのでしょう。ただ高評価にはなりにくいかな?

何を観ればいいのか迷ったらこれからも私の記事をご覧ください。

私のレビューが参考になれば嬉しいです。

前回の記事「やっぱりトム・クルーズはカッコいい、「バリー・シール/アメリカをはめた男」もどうぞ。

スポンサーリンク

-映画

© 2021 World from noablog Powered by AFFINGER5