生活雑貨

おしゃれなレディース用老眼鏡「FEEL LIFE 」、40代の女性に特におすすめ

スポンサーリンク

老眼鏡前から

今回の記事では

ポイント

  • おしゃれな老眼鏡を探している方
  • 40代の女性で老眼鏡を探している方
  • 老眼が始まった妻へのプレゼントを考えている男性の方

今回の記事では上記のような方たちの悩みに役立てる記事として、老眼鏡「FEEL LIFE クラシック」を紹介したいと思います。

はじめに

「老眼鏡」。この響きに抵抗を感じる女性は多いのではないでしょうか。

年には勝てない体の衰え、それは目も例外ではありません。いままでどんなに目が良く眼鏡が不要だった方でも、齢をとれば小さい文字がくっきり、はっきり見えなくなります。スマホや本などを見る時に文字がぼんやりして、離して見ているのではないでしょうか。

ご自宅で本や新聞を読むだけでしたらいいのですが、職場でパソコンや資料の文字が見えなくなると仕事にも支障がでます。老眼鏡がかっこ悪いからといって掛けないわけにはいけません。巷では「老眼鏡」ではなく「リーディンググラス」との名前で販売されていますが、所詮は老眼鏡。それならば、いっそ割り切って、できるだけおしゃれな老眼鏡を選択したいものです。

そんな方のために今回の記事では、おしゃれな老眼鏡の「FEEL LIFE クラシック」をご紹介します。私が実際に購入し、1週間ほど使用して感想を述べていきます。私は「男性」ですので、40代の奥さんをお持ちの男性の方にも参考になります。

購入する際の参考にしてください。

他の老眼鏡の記事はこちらからどうぞ。

ポッドリーダーとパッケージ表
持ち歩きにケース不要のかわいい、安い、軽い、携帯用老眼鏡「ポッドリーダー」

今回の記事では、 ポイント 携帯用で軽い老眼鏡を探している方かわいくて、安い老眼鏡に興味がある方ケースが不要の老眼鏡を探している方 今回の記事では上記のような方たちの悩みに役立てる記事として、老眼鏡「 ...

続きを見る

老眼鏡と箱
鯖江市のメガネメーカーのメンズ用老眼鏡が安くておしゃれでおすすめだった

今回の記事では ポイント おしゃれなメンズ用老眼鏡を探している方鯖江市のおしゃれな老眼鏡に興味がある方最近本を読むのに小さな文字が見づらくなっている男性 今回の記事では上記のような方たちの悩みに役立て ...

続きを見る

既製老眼鏡の種類

老眼鏡「 FEEL LIFE クラシック」を紹介する前に、既製老眼鏡を選ぶ際に気をつけることを簡単に復習しましょう。

度数の目安

一番大事なのが度数になります。ご自身に合った度数を選択しないと、目の疲れの原因になります。また、老眼以外の目の病気の可能性もありますので、まずは眼科での検診をおすすめします。

度数は製品やメーカーによってまちまちです。下記以外にも+0.5や+3.0などもありますが、一般的な度数を載せておきます。奥様へ送る場合はどのくらいの距離で見えないかを前もって確認しておきましょう。

度数の目安

  • +1.0:最近近くが見にくい
  • +1.5:40〜50cm程度話して文字を読む
  • +2.0:50〜60cm程度話して文字を読む
  • +2.5:60cm以上程度話して文字を読む

ブルーライトカットレンズ

次に、最近主流になりつつある「ブルーライトカット」機能のある・なしです。

スマホやパソコンの画面から発せられる人体に有害な強い可視光線のブルーライト。最近のメガネや老眼鏡にはブルーライトをカットするレンズが人気ですが、注意点があります。

ブルーライトカットレンズはブルーライトカット率によりレンズの色に違いがあります。カット率が高いものですと黄色味がかったものがほとんどです。このタイプはカット率は高めですが視界はモヤットします。読書専用と考えている方には必要ありません。

フレームの種類

メガネや老眼鏡の初心者の方はフレーム選びにも気をつけましょう。

ご自宅で掛けるだけでしたらいいのですが、職場など人に見られる環境での使用でしたらデザインや印象、効果にも気を使いましょう。

フレームの種類

オーバル型:タマゴ型の定番タイプ。誰にでも似合いやすい。

ボストン型:定番タイプ。逆三角形に近い楕円形。アメリカのボストンで流行したためこう呼ばれる。

スクエア型:横長の長方形タイプ。男性向き。

ウェリントン型:昔からの定番タイプ。丸みを帯びた逆台形型。

ラウンド型:円形タイプで、少し横長の楕円形。

メガネフレームの種類をもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

メガネ各部位の名称をもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

価格

既製老眼鏡の価格はピンきりです。安いものですと100円ショップでも販売しています。ブランド物ですと数万円するものもあります。

メガネ専門のメーカーが販売しているもので、¥2.000円から¥10.000円くらいです。

あくまで「既製老眼鏡」の価格になります。つまり左右の度数が同じで、乱視の度数も入っていない簡易的なものです。左右の視力や度数が違う人は、眼鏡屋さんで購入する方が間違いありません。

老眼鏡「FEEL LIFE クラシック」てどんな老眼鏡?

老眼鏡全体

それではここから今回ご紹介する「老眼鏡」がどんな物なのかを見ていきます。

商品名は「 FEEL LIFE FLC-004」。製造販売元の会社は眼鏡で名高い福井県鯖江市の老眼眼鏡メーカー株式会社サンリーブです。

・度数の種類は+1.0、1.5、2.0、2.5、3.0までの5種類あります。

・カラーは「ブラック」と「ブラウンデミ」の2種類。

・フレームタイプはヴィンテージ感あるスリムなラウンドシェイプ。

・レディース&メンズ共用。

テンプルがスリムでなのでリムのおしゃれなフォルムが引き立っています。

・ブルーライトカットはなしです。

・フレーム素材はポリカーボネットと合金。レンズはアクリルです。

各部分のサイズは下記になります。

各サイズ

  • レンズ幅:49mm
  • レンズ縦:46mm
  • フレーム幅:128mm
  • テンプル長:135mm

付属品としてフェルトケースが付いています。専用の引き出し式のクラフトの箱に入っています。

気になるお値段ですが、YAHOO ショッピングで税込み¥3,300円です。

老眼鏡「FEEL LIFE クラシック」を使用してみた感想

それではここから私が実際に1週間ほど使用してみた感想になります。

私はブラックの度数+1.0を購入しました。私は今までにメガネはしたことがありません。そのため45歳を過ぎた頃から老眼鏡が必要になりいろいろ探して購入してきました。すでに10種類ほどの老眼鏡を購入しています。100均やホームセンター、NETショッピングなどで買っています。全て既製老眼鏡です。価格は¥100円から数千円ほど。

私が使用した感想を率直に書いていきます。

ここが良かった

最初に良かったところになります。

非球面レンズで安い

非球面レンズを使用していますので、歪みが少なく、くっきりと文字が読めます。

こちらは老眼鏡を選ぶ際にとても重要なポイントになります。100均や¥1,000円以下の安価な老眼鏡ですと、多少の歪みがあります。本を読むときなどに見ている中心はくっきりするのですが、その周りはぼやっとします。

短時間の使用でしたら問題ないのですが、長時間パソコンに向かわなければいけない方は非球面レンズを選ぶべきです。

おしゃれ

次に、今回の商品の一番の強みの「オシャレ度」です。実際に写真を見て頂ければ分かりますが、テンプル(老眼鏡のつるの部分)がスリムでヴィンテージ感漂うシックなシルバーの作りになっています。

また、レンズ側のテンプルとブリッジ部分には模様が施され個性を出しています。レンズを覆うヨロイとリムはポリカーボネイト製ですので、強度も問題ありません。テンプルの先の耳にかかる部分は長方形型で中心は空洞になっており、デザイン性の高さを伺わせます。男女兼用となっていますが、どちらかと言うと女性向きなデザインだと思います。

老眼鏡横から

視界が広い

レンズ幅が49mm、高さが46mmと他の老眼鏡よりも大きめですので視界が広いです。女性に人気のボストン型ですとレンズ幅52mm、高さ35mmくらいが多いのですが、老眼鏡で文字を読む時は横幅よりも高さがある物の方が読みやすくなります。スマホや本でも、目は左右ではなく上下に動きます。そのため、レンズの高さが低いものですと視界が狭くなり、なかなか集中できません。

私が今回の商品を選んだ一番の理由がこちらになります。私、普段小説などの本を読むのに寝転んで読むのですが、レンズの高さがないものですと下側のフレームに文字が遮られてしまい読書に集中できません。この商品を掛けてからは以前のように長時間読書を楽しむことができるようになりました。読書が好きな方には大変おすすめです。

老眼鏡アップ

ここがイマイチだった

もちろん良くなかったところもあります。

耐久性

テンプルもスリムでおしゃれな老眼鏡ではありますが、そこが欠点でもあります。スリムなテンプルは言い換えれば、華奢で外圧には弱いと言うことです。特に耳掛けの部分のテンプルは非常に細く、少し強く力を加えれば曲がってしまうでしょう。眼鏡の弱点の一つ「ヒンジ部分」にはさほど弱い感触を覚えなかった今回の商品ですが、テンプル先が少し心配です。

素材は合金ですので、ポッキリ折れてしまうことはないでしょうが、取り扱いには注意が必要です。

老眼鏡裏

付属のケースはおまけ

付属品として付いているフェルトケースは老眼鏡を保護して持ち歩ける程の強度はありません。あくまでおまけ程度になります。

厚みはあるのです自宅内での使用だけでしたら問題ありませんが、鞄などに入れて会社などへ持ち歩くのはいささか心配です。先述した通り、テンプル先の強度は心配ありですので、眼鏡専用のケースを購入したほうが間違いないでしょう。

おしゃれな老眼鏡「FEEL LIFE クラシック」の総評

それでは老眼鏡「FEEL LIFE クラシック」の総評になります。

私がこちらの商品に点数をつけるとすれば、90点になります。

総評

  • 非球面レンズを採用
  • おしゃれで視界が広い
  • 強度が心配

がこの点数の理由です。

老眼鏡でいちばん大事なのは「非球面レンズ採用か否か」になります。税込み¥3,300円とお手頃価格でくっきり視えて、視界が広いものはそれほど多くはありません。おしゃれなのも重要ポイントではありますが、使えなくては意味がありません。

今回の商品は、その2つの重要ポイントを抑えた優秀品でした。

おしゃれなレディース用老眼鏡「FEEL LIFE 」、40代の女性に特におすすめのまとめ

おしゃれなレディース&メンズ用老眼鏡「FEEL LIFE」、40代の女性に特におすすめできます。

・既製老眼鏡の種類ー度数、ブルーライトレンズかどうか、フレームの種類、価格。

・商品名は「 FEEL LIFE FLC-004」。製造販売元の会社は眼鏡で名高い福井県鯖江市の老眼眼鏡メーカー株式会社サンリーブ。

・レディース&メンズ共用。

・良かった点ー非球面レンズで安い、おしゃれ、視界が広い

・良くなかった点ー耐久性は心配、付属のケースはおまけ程度。

数多くある老眼鏡から自分に合ったものを探すのは苦労します。今回の記事を参考にして、ご自身に合った老眼鏡を見つけてください。

また面白いものを見つけたら紹介したいと思います。

この記事が気に入った方は前回の記事もどうぞ。

スポンサーリンク

-生活雑貨

© 2021 World from noablog Powered by AFFINGER5