生活雑貨

スライド式で伸縮するバスタオルハンガー!100均ダイソーで購入できます。

スポンサーリンク

100均ダイソーのバスタオルハンガー

今回の記事では、

ポイント

  • バスタオルハンガーを探している方
  • 100均でハンガーを探している方
  • 伸縮するハンガーを探している方

今回の記事では上記のような方たちの悩みに役立てる記事として、100均ダイソーの「バスタオルハンガースライド式」を紹介したいと思います。

はじめに

皆さん洗濯物はどのように干していますか?多くの方が物干し竿に掛けたり、物干しハンガーを使用していると思います。洗濯物が多い日や家族が多いご家庭ですと全部干すのも大変です。

また、大きな布団やバスタオルが有るときはスペースを取ってしまいうまく干せないのではないでしょうか。限られたスペースで家族全員の洗濯物を干すのに苦労している方も多いと思います。

そんな時にあったら便利なのがバスタオルハンガーです。物干し竿に干さなくても1つのハンガーに干せますのでスペースを有効活用できます。

そこで今回は100均ダイソーで見つけた「バスタオルハンガー スライド式」をご紹介致します。

実際に私が1週間ほど使用してみて、感想を述べていきます。購入する際の参考にしてください。

物干しハンガーの種類

100均ダイソーの「バスタオルハンガー スライド式」を紹介する前に、物干しハンガーの種類を簡単に見ていきます。

素材

最初に素材により大きく3種類に分かれます。

・プラスチック製

最も主流な素材のプラスチック、特にポリプロピレン製が多い。軽量で比較的固く、傷がつきにくい特徴を持っていますので、毎日使用する日用品に向いています。

価格も手頃なものが多く、最近ではコンビニや100円ショップでも見かけます。

価格が安い分、耐久性はステンレス製のものと比較すると脆い。扱い方次第では、数ヶ月で破損するものもあります。

・ステンレス製

他の素材と比べて抜群の耐久性を持つステンレス製。その分価格は高くなりますが、水に濡れても錆びにくく何年でも使えます。

ただ加工が難しいという特徴上、デザインのバリエーションは少なく色もグレーばかりなのがデメリット。また、他の素材よりも重くなり持ち運びにも不便。

・スチール製

錆びやすい欠点を補うために昔からビニールコーティングされているスチール製。価格は手頃で丈夫なため、昔からクリーニング店などでよく使用されるタイプ。

ビニールコーティングで色を付けることができるのと、ステンレスなどに比べて加工がしやすいので衣類用のハンガーとして人気。

錆びやすく重いため、物干し用のハンガーには不向き。

形状

次に、形状によりこちらも3種類に分かれます。

・衣類用ハンガー

誰もが最初に思いつくのがこのタイプ、衣類用のハンガー。Tシャツやワイシャツ、パーカーなど何でも干せちゃう優れもの。

デザイン・サイズ・細かい機能も豊富、干した衣類が落ちない工夫がされているものが人気。

・ピンチハンガー

長方形の外観にたくさんの洗濯ばさみが付いたハンガー。下着や靴下など小さめな衣類などを干すのに最適。

サイズも様々、大きいものですと使用しないときは折りたたんで収納できるものもあります。

・パラソルハンガー

その名の通り傘の形をしたハンガー。2つ、3つの傘状の洗濯ばさみの付いた輪が上下に連なって配置され、タオルや下着などを干すのに便利。

使用しないときは閉じることができるので、保管場所を取らないので困りません。

回転するので干しやすく、取り込みやすいのが最大の特徴。

どんなアイテム?

バスタオルハンガーとパッケージ

それではここから今回ご紹介する100均ダイソーの「バスタオルハンガー スライド式」がどんな物なのかを見ていきます。

材質は全てポリプロピレンです。伸ばしていないときのサイズは約幅41.7cm x 長さ15cm x 厚さ1.5cmになります。

色のバリエーションは白とグレー。普通のプラスチック製のハンガーよりも厚みがあり、2つ重ねたほどの厚さです。

上部のポールに掛ける「?」型のフックは360度回転可能です。乾かすバスタオルに合わせて本体部分をスライドして掛け幅を調整できます。

スライドして最大まで伸ばすと幅は約65cmまで伸びます。本体を伸ばさずに使用する場合でフェイスタオルを1枚掛けると少しスペースが余るくらいです。

耐荷重は明記されていませんので、あくまでタオル類の使用を想定しての製品です。販売元は株式会社大創産業、製造は中国になります。価格は税込み¥110円。

バスタオルハンガーアップ

使用してみた感想

それではここから私が実際に1週間ほど使用してみた感想になります。

ここが良かった

はじめに良かったところになります。

らくらくバスタオルを干せる

やっぱりバスタオルを簡単に干せることです。

もちろんこれができなければ「バスタオルハンガー」とは呼べませんが、最大65cmまで伸びるスライド式ですのでほとんどのバスタオルを干すことが可能です。

ハンガーの幅は自由に調節できますので、お持ちのバスタオルに合わせて伸ばすことができます。

普通の衣類用ハンガーと同じ要領で簡単に干せます。つまり、今までよりもスペースを有効活用できます。

今まで物干し竿に直接掛けて干していた方でしたら、家族の人数分ハンガーを購入すれば一気に空きスペースが増えて洗濯干しも楽になるでしょう。

バスタオルでなくともフェイスタオルとスポーツタオルを2枚同時に干してもいいと思います。

バスタオルハンガースライド

フックが回転する

次に良かったところは、フック部分です。フック部分が360度回転しますので、干す際に向きを変えれて便利でした。

大きなバスタオルを干すのには最適の機能だと思います。風の向きに合わせることもできますし、他の洗濯物に引っ付かないように調節することもできます。

また、ネック部分もスライドします。これはよく考えられていると思います。

ネック部分がスライドしないと幅を最大まで伸ばしたときは、重心が中心にこないのでタオルをきれいに広げることができません。

どちらかに偏ってしまい、満遍なく乾燥できないでしょう。さすがはダイソーさんです。

フック部分

ここがイマイチ

次に良くなかったところになります。

スライド部分

スライド部分になります。この商品の一番の特徴でも有る掛け幅を調整できるスライド部分に問題がありました。

あくまで本体となるパーツにもう一方のパーツを差し込んだだけのスライド式になります。

3cm間隔ほどで引っかかるポイントがあるのでそこで長さを調整できるのですが、スムーズにはスライドしません。

広げるときもそうですし、しまうときもそうです。そのため気をつけないと手のひらを挟んでしまいますし、結構イライラします。

もう少しナチュラルにスライドできると良かったと思います。

強度

次に良くなかったことは強度です。これに関しては「100均あるある」なのですが、こちらも例外ではなかったです。

最大に広げたときの耐荷重は、あくまでバスタオル1枚といったところでしょう。

素材がプラスチックのみですのでしょうがないのですが、あまり重いモノを掛けると折れてしまうことでしょう。折れることがなくても、曲がってしまう可能性は大です。

洗濯機には脱水機能が付いているものがほとんどですので問題はないと思いますが、間違っても濡れたままで干すのはやめましょう。

はじめはジーンズなどにも使えるかなと思ったのですが、やめておいたほうが得策です。

脆い

100円ショップダイソーの「バスタオルハンガースライド式」の総評

それでは100円ショップダイソーの「バスタオルハンガースライド式」の総評になります。

私がこちらの商品に点数をつけるとすれば、86点になります。

総評

  • バスタオルが簡単に干せる
  • 重心も調節可能
  • スライドは結構引っかかるし、脆い

がこの点数の理由です。

バスタオルを干すのに特化した商品した商品だけあって,スペースを有効活用できて簡単に干せるアイデア商品でした。

重心も移動可能と使い勝手まで考えられた優秀品でしたが、素材がプラスチックだけだったのがネックとなりました。

スムーズにスライドできるように中心にアルミなどが配置されていればもっと良かったです。

まとめ

洗濯物を干すのに欠かせないアイテムのハンガー。世の中には様々な種類のものが販売されています。

その中でもバスタオルを干すためのハンガーのご紹介でした。

価格は高くてもイマイチな商品があるのも事実です。そんなときは100均の商品に注目してみると面白いと思います。

この記事を参考にしてご自宅に合ったバスタオルハンガーを選んで下さい。

この記事が気に入って方は、前回の記事もどうぞ。

「頑固な汚れもスクレーパー付きの100均ダイソーのサッシブラシなら簡単に掃除できる」

スポンサーリンク

-生活雑貨

© 2021 World from noablog Powered by AFFINGER5