生活雑貨

キレイ好きにも、掃除嫌いにもダイソーのマイクロファイバークロスがおすすめです

スポンサーリンク

マイクロファイバークロス

今回の記事では

ポイント

  • 吸収性の良いクロスを探している方
  • テーブルの汚れを簡単に拭き取りたい方
  • 掃除を素早く簡単に終わらせたい方

今回の記事では上記のような方たちの悩みに役立てる記事として、実際に私が「100円ショップダイソーのマイクロファイバークロス」を使用してみた感想になります。

はじめに

皆さんテーブルの上などの汚れをどのようにして落としていますか?毎日使用しているため、手垢や食べこぼしなどで汚れて黒ずんできてはいませんか?多くの方が濡らした手拭いなどでサッと拭いているだけではないのでしょうか。

そんなときに役立つのが最近流行のマイクロファイバークロスです。吸収性に優れ乾きが早い、汚れを擦って絡めとと流、洗剤を使わなくても汚れを落とせるとの評判です。そんな便利なマイクロファイバークロスですが、普通に通販サイトなどで探してみると1枚だけで売っているところってあまりないですね。3枚5枚組でいくら、ましてや10枚入りで販売なんてサイトもあります。

いくら便利なマイクロファイバーでもいきなり10枚も買いたくないですよね。試しに1枚だけ使用してみて気に入ったらたくさん買いたいですよね。

そこで今回は100円ショップSeriaのマイクロファイバークロス1枚入り」をご紹介します。実際に私が1週間ほど使用してみた感想を述べたいと思います。

マイクロファイバーって何?

最初に簡単なマイクロファイバークロスの説明になります。

マイクロファイバーとは、合成繊維の一種でナイロンやポリエステルを原料にしています。髪の毛の100分の1以下の細さの8マイクロナノメートルが最大の特徴。普通の繊維の断面が丸くお大きいのに対し、超極細の多角形エッジのマイクロファイバーは汚れを掻き取ることができます。

吸水性に優れ乾燥するのも早いです。軽く絞って干しておくだけで他の綿や木綿よりも早く乾きます。そんな便利な性質なのでタオルや毛布など多くの製品で利用されています。

しかし、多角形のエッジですので繊維が尖っているため肌の弱い方や赤ちゃんには注意したほうがいいでしょう。また、熱には弱いためアイロンは使用できません。洗濯機で洗うことはできますが、乾燥機はNGです。

100円ショップダイソーのマイクロファイバークロスってどんなの?

今回私が購入したのは「100円ショップダイソーのファイクロファイバー 高機能クロス」です。「洗濯なしで ミクロの繊維が汚れをキレイに落とします」とのキャッチフレーズになっております。

ビニールの袋にサイズ約30x40cmのクロスが1枚入っています。そのビニールのパッケージの表面の左下には1cmほどの丸い穴が開いており、実際に触って感触を確かめることができます。マイクロファイバーをご存知ない方への配慮ですね。私も最初に触ってみて購入する気になりましたので良いアイデアだと思います。

穴が開いている

商品名が「マイクロファイバー」ですので材料の表示はありませんでした。「家具用」と明記されあくまで清掃用のクロスだそうです。

パッケージ裏面にはマイクロファイバーの性質が書かれており、普通のクロスとの違いが説明されています。

実際に袋から出して触ってみた手触りはウレタンにちかい感じです。綿とは違いふかふかした肌触りはありません。尖った繊維ですので少し手の皮に引っ掛かる感じがします。100円というだけあって四方の縫い目は雑な印象を受けます。袋から取り出したときに繊維のクズがいくらか落ちてきました。第一印象は結構チープだなって感じです。

色は薄めの紫、厚みは従来のクロスと同じくらいになります。厚すぎても使いづらいでしょう。また化学繊維ですので、ちょっと独特の匂いがします。フェイスタオルとしても製品化されていますが、タオルとして使用するのはちょっと気が引けます。

使ってみた感想

それではここから私が実際に使用してみた感想です。1種間ほどパソコン用のデスクとダイニングテーブルで使用してみた感想になります。

良かった点

最初に良かった点ですが、本当に水分の吸水がいい。これに限ります。テストとしてデスクの上でコップ半分くらいの水をこぼして拭いてみたのですが、サッと1度で簡単に拭き取ることができました。普通のクロスではこうはいきません。普段私は何かをこぼしたときはクロスを使わずにティッシュで拭き取っていました。ティッシュて吸水性はすごくいいですから。でもゴミが出ますよね、その後に再度濡れたクロスなどで拭かないとキレイになりませんよね。マイクロファイバークロスでしたらそんなことはありませんでした。もちろんその後に洗わなければいけませんけど。家具用となっていますが、むしろキッチンで使用したほうが効果を発揮できるのではないでしょうか。

また、こびりついた汚れにも効果を発揮しました。多角形エッジが汚れをしっかり掻き取ってくれます。普通のクロスですと何度もこすって落とさないといけませんが、手に伝わる感触でわかります。普通のクロスですと汚れの上をスルッと通り抜ける感じですが、マイクロファイバーでしたら汚れに引っ掛かって、削ぎ落とす感触がします。たかがクロスですが、たいした奴です。

良くなかった点

不満点も少しだけありました。

水拭き用に水に濡らして絞ろうとするんですが、結構しぼりにくいです。と言うか、なかなか絞りきれない。コシがないと言うんですかね、普通のクロスや雑巾のように簡単に絞ることができません。何度も手を回して絞らないと絞りきることができませんでした。

もう一つの不満点ですが、繊維のクズがチョコチョコと落ちます。たくさんではないのですが、使ってると確実に落ちます。汚れは落とせるのですが、繊維のカスがたまに出ます。大きな不満点ではないのですが残念でした。

総評

袋から出したマイクロファイバー

それでは「100円ショップダイソーで買えるマイクロファイバークロス」の総評になります。私がこちらの商品に点数をつけるとすれば、92点になります。

ポイント

  • 吸水性がたまりません、かつ汚れもしっかり落とせます
  • 掃除が嫌いな方にはうってつけ
  • 繊維カスはいらない

がこの点数の理由です。

初めて使ったマイクロファイバークロスですがおすすめです。今回の商品は家具用になっておりますが、家具だけでなく様々な箇所で使えます。綺麗好きな方なら5-6枚ストックしておいてもいいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?100円ショップで買えるマイクロファイバークロスでした。

吸水性に優れ、汚れを簡単に落とす、値段は大変お得な100円と消費税。

綺麗好きな方にも、掃除が嫌いな方にもおすすめな商品でした。

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。後悔しない買い物をしてください。

スポンサーリンク

-生活雑貨

© 2021 World from noablog Powered by AFFINGER5