*本サイトではアフィリエイト広告を利用しています

生活雑貨

100均ダイソーの持ち運べるスマホスタンド(ミラー付き)!をレビュー

smartphone stand-portable

今回の記事では、

ポイント

  • 持ち運べるスマホスタンドを探している方
  • 100均でスマホスタンドを探している方
  • 100均ダイソーの折りたたんで持ち運べるスマホスタンドの使用感を知りたい方

今回の記事では、100均ダイソーで見つけた「持ち運べるスマホスタンド(ミラー付き)」をご紹介します

この記事で分かること。

  • スマホスタンドの選び方のポイントと種類
  • 100均ダイソーの持ち運べるスマホスタンド(ミラー付き)の詳細
  • 100均ダイソーの持ち運べるスマホスタンド(ミラー付き)の使用感

スマートフォンの普及に伴い、スマートフォン向けのアクセサリーも人気を博しています。

スマホケースはもちろんのこと、ワイヤレスイヤホンや充電器、拡大鏡、など数え上げたらキリがありません。

スマホスタンドもその一つです。手で持たなくてもスマホを操作できますので、大変便利ですね。

しかしながら、世の中には数多くのスマホスタンドが販売されていますので、どれが良いのかなかなか分かりません。

価格もさまざまで、高いものですと数千円もします。「いきなり高いものを買うのは気が引ける」と感じている方は多いのではないでしょうか。

そんなときには100均の商品を試してみてはいかがでしょう。

そこで今回は100均ダイソー販売されている「持ち運べるスマホスタンド(ミラー付き)をご紹介します。

筆者が実際に1週間ほど使用してみて感想を述べていきます。

スマホスタンド選びの参考にしてください。

スマホスタンドの選び方

スマホスタンドを選ぶ際のポイントを紹介します。

対応サイズ

所有しているスマホのサイズが対応しているのかを確認しましょう。

非対応のスマホスタンドを購入しても、なかなか安定感が得られません。

結構重要ポイントですよ。

対応荷重

次に重要なのが対応荷重の確認です。

卓上タイプのスマホスタンドでしたらほとんどのスマホの重さに耐えられる作りになっています。

しかし、アームタイプなどスマホを挟んで吊り下げるタイプでは耐荷重以上のものを使用すると落下の原因になります。

充電できるか

スタンドを使用する時に充電可能かどうかもチェックしましょうね。

スタンドによっては形状によって使用時に充電できないタイプもありますよ。

長時間スタンドを使用するのなら充電できるタイプの方が便利。コードを通しやすいように工夫された商品もありますよ。

折りたたみ可能

外出時でも使用したいなら折りたたみ可能タイプがおすすめ。コンパクトサイズでバックやポケットにも入るタイプが便利です。

ご自宅で使用する方でも折りたたみタイプでしたら、片付けも簡単、デスクの引き出しにも簡単に収納可能。

角度調整

使用時に最も重要なのがこちらの角度調整です。対応サイズと耐荷重をチェックした後に忘れずに確認しましょうね。

角度調整ができないタイプですと、使用する方ご自身がスタンドの向きに姿勢を合わせなければいけません。

アーム式でしたら360℃角度調整できるものが理想。スタンドタイプでも多段階調整ができるものが使用時のストレスを軽減できて便利ですね。

スマホスタンドの種類

スマホスタンドの種類は大きく3つに別れます。

・スタンドタイプ

スタンドタイプ

テーブルの上や机に置いて使用するなら方は、スタンドタイプがおすすめ。

最もスタンダードなタイプで、安定感は一番です。角度調整が可能なタイプが人気で種類も豊富。

素材により価格もピンきりです、比較的お手頃な物が多い。

・アームタイプ

アーム式

角度も高さも調整できるアームタイプでしたら、立ったままでも寝転んででも使用可能。ベットの脇に設置すれば寝る前の読書や映画鑑賞もお手の物です。

キッチンで使用するなら、レシピを検索するのも簡単。ただし、デメリットとして揺れやすいことが挙げられますので、あまり操作をしない使い方がいいでしょう。

・車載用ホルダー

車載用スマホスタンド

車でタブレットを使用したいのならこの車載用ホルダー。

ナビとして使用することはできませんが、ヘッドレストに設置すれば後部座先の方は動画などを楽しむこともできますよ。

小さなお子さんがいるご家庭でしたら、旅行などの長時間のドライブでも退屈しませんね。

100均ダイソーのスマホスタンド「スマホスタンド(ミラー付き)」って、どんなアイテム?

stand-daiso

100均ダイソーのスマホスタンド「スマホスタンド(ミラー付き)」がどのような商品なのかみていきましょう。

正式名称は「折りたたんで持ち運べる スマホスタンド(ミラー付き)」になります。

タイプはスタンドタイプです。

材質は本体がポリプロピレン、鏡部分がガラスになります。

ポリプロピレンとは、多くの日用品の素材として使われているプラスチックです。

PPと呼ばれていますので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ポリプロピレンはプラスチックの素材の1つで、PPと呼ばれることが多い素材です。多くの日用品の素材として使用されており、皆さんの生活の中にもポリプロピレンの製品があふれています。

引用元:REC tac「ポリプロピレンの特徴とは?」より抜粋

サイズは折り畳んだ状態で、縦12.5cm、横10cm、厚さ2,5cm。

開いた状態では、高さ13cm、横幅10cm、奥行き8cmです。

はブラックとホワイトの2色展開。

パッケージの横に穴が空いていて、色を確認できます。

私はブラックを選びました。

耐荷重は明記されていません。

使用方法はスタンドを好みの角度に調整して、本体の溝部分にスマホを乗せるだけです。

鏡部分には保護フィルムが付いていますので、剥がしてから使用します。

特徴としては、下記が挙げられます。

「ミラー付き」

「折りたたみ可能」

「軽くて持ち運びに便利なコンパクトサイズ」

「高さ、角度調整可能」

「縦置き、横置き可能」

「タブレットでも使用可能」

販売元は本家の株式会社大創産業、生産は中国になります。

価格は200円(税込み220円)になります。

beside-smartphone stand

100均ダイソーの持ち運べるスマホスタンド(ミラー付き)を使用した感想

それではここから私が実際に1週間ほど使用してみた感想を述べていきます。

ここが良かった

まずは、良かったことから。

持ち運び可能で頑丈

手に取った瞬間に分かるのですが、200円だけあって作りは頑丈です。

今まで色々な100均のスマホスタンドを紹介してきましたが、頑丈さだけで比較しても一番しっかりしています。

100均の商品の最大の弱点が寿命の短さ。

半年も使用すれば、どこかに不具合が出てくることが多いのですが、この商品では心配なさそうです。

細部の作りもしっかりしており、簡単に壊れることはないでしょう。

折り畳んだサイズは、縦12.5cm、横10cm、厚さ2,5cmとコンパクトですので、持ち運びにも困りません

ジャケットのポケットにも入るくらいの大きさに折り畳めます。

portable-stand

多段階の高さ・角度調整が可能

次に良かった点は、多段階で高さ・角度調整ができることです。

首部分は9段階、腰部分は7段階で調整可能。

それゆえに、座っている時でも立っている時でも、自分の目線の位置にスマホを調整できます。

iPhoneやiPadでフェイスIDを設定している方も多いでしょう。

ロックを解除するために毎回顔の位置を動かすのは面倒ですね。

最新のスマホに対応した、スマホスタンドと言えるでしょう。

充電しながら使用できる

最後に良かったところは、充電しながらでも使用できることです。

100均のスマホスタンドの欠点の一つに「縦置きの場合、充電しながらの使用ができない」が挙げられます。

今回の商品でしたら、縦置きにしても充電できます!

スマホを置く箇所には、真ん中に空間が用意され、充電ケーブルを繋げることが可能です。

ちょっとしたアイデアですが、有るのと無いのとでは使用感に大きな差が出ます。

バッテリーの残量を気にせずに使用できて便利です。

ここがイマイチ

もちろん、イマイチな点もありました。

ミラー

ミラー部分です。

スマホスタンドに何か付加価値を付けようとして出たアイデアだとは思いますが、正直パッとしません。

と言いますのも、ミラーはスマホを置く場所に設置されています。つまり、スマホを置いてしまえば見ることができません。

スマホを置きながらでも見える位置にあれば、まだ使用価値はあると思います。

さらに、ミラーの大きさは約直径6cmと小さめです。女性がリップを直すくらいの大きさしかありません。

男性が鏡を使用するとなると、髪を直すくらいでしょうが、この鏡では小さすぎて無理です。

女性には多少重宝するかもしれませが、多くの男性には無駄な機能でしょう。

ヒンジは硬い

次にイマイチだった点は、高さ・角度調整するヒンジ部分の硬さです。

「力を入れないと動かない」とまでは言いませんが、滑らかではありません。

「ここが良かった」の項で、頑丈で安定感があると述べましたが、動かすときにはマイナスに働いてしまいますね。

両手でしっかりと持って動かさないと、自分が望む角度に合わせるのは難しいと思います。

もう少しスムーズに動くと良かったです。

縦置き時は少し不安定

最後にイマイチな点は、縦置きにした時の安定感がいまひとつなことです。

横置きの場合は、設置した高さ関係なく安定して使用可能できます。

しかしながら、縦置きにする場合は高さ調整に注意が必要です。

半分以下くらいの高さにしておかないと、スマホを操作するときに左右に動いてしまいます。

酷いときには、倒れてしまうことも。

裏面に滑り止めが付いているにも関わらず、不安定なのはマイナスです。

smartphone stand-vertical

100均ダイソーの持ち運べるスマホスタンド(ミラー付き)の総評

それでは100円ショップダイソーの「折りたたんで持ち運べる スマホスタンド(ミラー付き)」の総評になります。

私がこちらの商品に点数をつけるとすれば、87点です。

総評

  • 頑丈な作り
  • 多段階で高さ・角度調整ができる
  • ミラーはいらない

上記がこの点数の理由です。

100均の商品とは思えないほどの強度はありますが、高さ・角度調整のヒンジ部分は少し硬め。

ミラー付きで、女性をターゲットにした商品だと思いますので、もうちょっとスムーズに動けば良かったと感じました。

それでも、低い位置での安定感は抜群です。

mag safe対応の持ち運べるスマホスタンドを探しているなら、こちらがオススメです。

まとめ

今回の記事では、100均ダイソーの「折りたたんで持ち運べる スマホスタンド(ミラー付き)」を紹介しました。

両手を開放して、スマホを操作できる便利なアイテムのスマホスタンド。

折り畳めばコンパクトになりますので、簡単に持ち運べます。

気になった方は、ダイソーへ!

他のスマホスタンドの記事はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

-生活雑貨