English

【オンライン英会話】上達しないと悩んでいるのならこの記事が役立ちます!上達方法を詳しく解説

スポンサーリンク

● 今回の記事では

ポイント

  • オンライン英会話で英語が上達しなくて悩んでいる方
  • オンライン英会話を始めたいけど、本当に上達するのか心配な方

上記の悩みを抱える方に、「オンライン英会話で英語が上達しない」を解決する方法を解説します。

● この記事で分かること。

  • 上達する人・しない人の特徴
  • 英語が上達しない理由
  • 英語を上達させる方法

● 本記事の信頼性

この記事を書いている私は、アメリカ、カリフォルニア州ロサンジェルスの南、「オレンジカウンティ」に約5年半住んでいました。ネイティブの友人もたくさんできて、日本に帰ってきてからもFacebookなどで連絡を取り合っています。

初めに

オンライン英会話を始めたけど、全然上達しなくて悩んでいる方は多いと思います。

なんで上達しないのか1人で悩んでいても解決しません。上達しないのには理由があり、かつ、その解決方法があります。

そこで今回の記事では、オンライン英会話で「英語が上達しない」理由と上達するために必要なことを解説します。

この記事を読めば「英語が上達しない」理由と対処方法が分かり、英語力を上達させることができます。

上達する人と上達しない人

まず最初にオンライン英会話で英語が「上達する人」と「上達しない人」の特徴を解説します。

下記の5つの項目別に順番に説明します。

ポイント

  • 目標
  • 予習・復習
  • スケジュール
  • レッスンの取り組み方
  • 英語の勉強

目標

英語が上達する方の多くが明確な目標を持って取り組んでいます。

「TOEICで800点台を目指す」「海外で働けるだけの英会話力を身に付ける」など色々ですが、しっかりとした目標を掲げています。

反対に上達しない方の多くが、「なんとなく英語を使えるようになりたい」「英語を話せるとかっこいい」などの理由でオンライン英会話を始めています。

私がアメリカの大学に入学する前に入った現地の英語学校でも同じでした。現地の英語学校とは、アメリカンの大学入学に必要なTOEFLのスコアアップの為に英語を学ぶ学校です。ほとんどの方は日本でしっかりと英語を勉強しており、主にスピーキングとリスニング強化の為に入ります。

そして3ヶ月から長くても6ヶ月もすれば英語力を向上させTOEFLのスコアを獲得して、大学に入学します。この方達のほとんどが「アメリカの大学で心理学を勉強する」「映画の勉強をしたい」など目標をしっかりと持って留学しています。

それとは反対に全く英語が上達しない為に,1年から2年英語学校にいる方もいました。ひどい方では大学に入学しないで、諦めて日本に帰る人もいました。このような方達の多くが明確な目標を持たずになんとなくアメリカに来た方達です。

オンライン英会話でも同じです、しっかりとした目標を持った方が上達します。

予習・復習

次に、予習・復習です。

当たり前ですが、英語が上達する人はレッスン毎に予習・復習を欠かしません。

英語だけに限らず全ての学習において予習・復習は必要になります。スポートでも同じでしょう。走り方を一度教わったとしても、何度も練習しなければ早く走ることはできません。

なんとなくレッスンだけを受けて、勉強した気になっても身に付いてはいません。上達しないと諦める人の多くが、教わったことを身に付ける努力を疎かにしています。

スケジュール

こちらはレッスンのスケジューリングについてです。

上達する方は、日曜日と木曜日など受講日を固定し、かつ、継続してレッスンを受けています。もちろん毎日受ける方もいます。

先ほど「予習・復習」の項で英語学習をスポーツに例えましたが、スケジューリングでも同じことです。英語やスポーツを上達させる為には、なんとなく受けたい日だけ受けていても効果は期待できません。

英語に触れる日を固定して、継続して学習している方の方が上達速度も早いです。

レッスンの取り組み方・受け方

レッスンの受け方にも上達する方としない方の特徴があります。

こちらも私のアメリカでの英語学校での経験をもとに話します。

英語学校では教師と生徒のマンツーマンレッスンではなく、教師一人に生徒が約7-8人ほどのクラスでした。生徒は日本人だけでなく、韓国・台湾・ブラジル・スイスなど他国からの生徒と一緒に受講します。

その中でも圧倒的に上達速度が早かったのがブラジル人です。彼らは、文法や発音などの間違いなど気にせず、非常に積極的に発言します。分からないことがあればその場ですぐに質問して、かつ、自分が理解できるまで教師を独占して話し続けます。

授業の進行などおかまいなしです。そのため、他の国の生徒と比較して半分ほどの期間で日常英会話くらいは話せるようになっていました。

反対に日本人や韓国人などアジア人の多くの生徒は積極的に発言しません。幸い日本人も韓国人も文法やリーディングには強いので,リスニング力を上達することによりTOEFLのスコアアップは可能でしたが、スピーキングが短期間で上達するのは稀でした。

オンライン英会話でも同じことです。レッスン中に積極的に発言する方の方が、上達速度は速くなります。

英語の勉強

上達する人は、レッスン以外の時間も英語に触れるようにしています。

先述した「予習・復習」とは違う学習時間のことです。映画や海外ドラマなどを観てリスニングの練習をしたり、英字の小説などを読んだり、習ったフレーズを実際に何度も口に出したりしています。レッスンはあくまでも英語を話す練習の場と考えレッスン以外の時間も大切にしています。

反対に上達しない方は、英語に触れる時間がレッスンだけの方です。

英語の習得には約2,200時間必要と言われています。1回25分のレッスンだけで英語を上達させるには、膨大な数のレッスンをこなさなければいけません。

オンライン英会話で上達しない理由

上達しない

英語が上達する人としない人の特徴が分かったところで、「なぜ上達しないのか」その理由が分かります。

上達しない理由は下記になります。

上達しない理由

  • 明確な目標がない
  • 予習・復習をしていない
  • 継続してレッスンを受けていない
  • 積極的に発言しない
  • レッスン以外の勉強が足りない

多くの方が上記の理由のどれかに当てはまると思います。当てはまったことの対策をすることで、英語の上達を見込めます

ただ、上記の理由のどれにも当てはまらない方もいます。全てやっているけどなかなか上達しない方です。そのほとんどが英会話学習の超初心者と初心者です。

あくまでも「英会話学習」においての超初心者・初心者です。

多くの方が中学・高校と英語を勉強していますが、日本の英語学習は文法とリーディングに偏っており、英語を聞くことができません。英語を聞くことができないと話すこともできません。

日本語でも同じです。皆さんも子供の時に周りの人の日本語を聞くことによって日本語を話せるようになったと思います。いくら文法を勉強して、難しい単語を覚えても話せる英語力は身につかないのです。

このような方達がいきなりオンライン英会話を受講しても、思ったほどの効果はなく、結果として英語が上達しないと悩んでしまいます。

英語を上達させる為には、まず最初に「英語を聞ける」ようになって「英語を知る」ことが重要です。

それでは「英語を知らない」とはどう言うことでしょうか?「英語を知らない」とは具体的に下記の4つになります。

英語を知らない

  1. 発音が分からない、発音と文字の関係性を知らない
  2. 英語を聞いた経験がほとんどない
  3. 語彙力が乏しい為に、単語やイディオム分からない
  4. 文法が身に付いていない、英語の語順が分からない

上記は順番が非常に大切です。

3番の語彙力や4番の文法力があっても、1番の正確な発音やイントーネーションが分からなく、2番の英語を聞いた経験が乏しいと相手とコミュニティーケーションを取れる英語は話せません。

英語力が中級者の方によくあることですが、正確な文法と単語で話していても、相手は理解していなくて会話にならない例です。

その為に、1番と2番の「発音を知る」ことと「英語を聞く」ことが重要になります。

実際、英語がしっかり聞けるようになれば、文法と語彙力の学習時間は随分と少なくなります。文法に関しては会話の中で自然と身に付きます。前置詞や冠詞の使い分け、不定詞や修飾語などの難しい文法用語で勉強する必要はありません。日本語でも同じだったと思います。「てにをは」などの文法用語を使って学習する前に、普通に日本語を話せたはずです。

語彙力に関しては少し違います。語彙力を増やしていくには、コツコツと辞書を調べていく必要があります。特に名詞はそうです。それでも、分からない意味の単語が会話中に出てきたら、その時に聞いて説明してもらえば理解することはできます。

上記の理由により、「英語が聞ける」ことのメリットとベネフィットがご理解いただけたと思います。

超初心者・初心者が上達する為に必要なこと

それではどうしたら英語が聞けるようになるのでしょうか?

その解決策は下記になります。

ポイント

  1. フォニックス・発音のレッスンを集中して受講する
  2. 英語圏の小さな子供が聞く英語を聞く

順番に解説します。

フォニックス・発音のレッスンを集中して受講する

一番重要なのが「発音」になります。

日本語の音は50音に加えて濁音など全部で100ほどの音しかありません。反対に英語では約1800の音を使うと言われています。

我々日本人はすでに日本語の音に慣れてしまっています。その為、日本語で使う音以外の音を耳で聞いて判別することが非常に苦手です。

これが英語を聞けない原因の1つです。それではどうしたら良いのかと言うと、英語の発音と文字の関係性を学ぶことです。

それが「フォニックス」になります。

本来フォニックスは、綴りと発音の規則性を学ぶことで、正しい読み方を学習させる方法ですが、英語の音を知らない日本人が学ぶことで英語を聞けるようにもなります。

フォニックスでなくても、「発音」専門の教材があるオンライン英会話のレッスンを受講するのも効果的です。

フォニックスや発音を学ばなくても英語を聞けるようにはなりますが、英語漬けになる必要がありますし、時間がかかります。

日本に居ながら効率良く聞けるようになるには、フォニックスか発音のレッスンを集中的に受けるのが最適です。

フォニックスを学べるオンライン英会話

子供用フォニックスのレッスンは多くのオンライン英会話で受講できますが、大人用のレッスンを提供しているところは少ないのが現状です。その中でもおすすめなのが下記の2社になります。

ワールドトーク ネイティブキャンプ

英語圏の小さな子供が使う英語を聞く

次に重要なのが、「英語圏の小さな子供たちが使う英語を聞くこと」です。つまり、文法で言うと「S+V」や「S+V+C」などの簡単な英語です。

皆さんリスニングの練習で、いきなり大人向けの映画や海外ドラマなどを観ていませんか?この方法で効率良くリスニング力を上達させることができるのは、中級者以上の方になります。

超初心者と初心者が実践しても大きな効果は期待できません。もしくは、膨大な時間がかかります。野球経験のない方が大リーグでプレイするのと同じです。何事もいきなりレベルの高いことから始めてもうまく行きません。

リスニングも同様です。英語を聞くことに関しては、英語圏の子供以下のレベルだと自覚してください。それゆえに、まずは英語圏の子供が使う簡単な英語を聞く必要があります。文字で読んでみる分には簡単だと思う英語でも、聞くことは難しいと感じるはずです。

具体的な方法としては、海外の子供用のTVアニメを何度も見ることです。日本とは違いアメリカでは、アニメは子供向けに制作されます。そのため、セリフも子供が普段使用する会話になっています。聞くだけでなく何度も口に出して言うことでスピーキングの練習にもなります。

リスニングではありませんが、超初心者・初心者が英語力を上達させるためには、子供用の絵本も役立ちます。日常会話で使用する簡単な単語を使用した英文を学べます。

Amazonプライム会員なら両方ともお得

リスニング用のアニメと子供用の絵本や本を両方を手軽に手に入れることができるのが、Amazonプライムです。まだ会員でない方は一度無料会員になって、アニメや絵本を試してみるのもいいでしょう。

まだAmazonプライム会員でない方は、こちらから無料会員登録を!

Amazonプライム

まとめ

今回の記事ではオンライン英会話で英語が上達しないと悩んでいる方にその解決方法を解説しました。

上達しない方の理由は下記になりました。

上達しない理由

  • 明確な目標がない
  • 予習・復習をしていない
  • 継続してレッスンを受けていない
  • 積極的に発言しない
  • レッスン以外の勉強が足りない

当てはまる項目を解消することにより上達が見込めます。

ただ、どれにも当てはまらない超初心者・初心者の方もいます。その方達は「英語を聞けるようになる」ことが重要となります。

英語を聞けるようになるには次の2つをしましょう。

英語を聞く為に

  • フォニックス・発音のレッスンを集中して受講する
  • 英語圏の小さな子供が聞く英語を聞く

上記5つと2つをの計7つを対策すれば、もうオンライン英会話で英語が上達しないと悩む必要はありません。

誰でも英語を上達させるには時間が必要となります。いきなり英語力が上達することはありません。

この記事を参考にして、一歩一歩確実に英語力を上達させてください。

この記事が気に入った方は前回の記事もどうぞ。

「【オンライン英会話】全然話せない初心者は英語を知らないだけ!その解決方法は超簡単」

スポンサーリンク

-English

© 2022 The World from noa*Blog Powered by AFFINGER5