*本サイトではアフィリエイト広告を利用しています

English

クラウティの料金プランについて解説!支払い方法やkiminiとの違いまで

オンライン英会話クラウティの口コミ・評判

引用元:クラウティ公式ホームページ

● 今回の記事では

ポイント

  • クラウティを始めてみたいけど価格・料金を知りたいな?
  • クラウティは他社と比較して高いのかな?安いのかな?

上記の悩みを抱える方に、クラウティの価格・料金プランについて解説いたします。

●この記事で分かること

  • クラウティの料金プラン
  • 他社との比較
  • 初心者のためにおすすめの料金プランと学習方法

●本記事の信頼性

この記事を書いている私は、アメリカ、カリフォルニア州ロサンジェルスの南、「オレンジカウンティ」に約5年半住んでいました。日本に帰国後もオンライン英会話で英語力アップを目指しています。

開発当初から家族で使うことを前提に作られたシステムで学べるのがクラウティです。1つのアカウントを作成すれば、最大6名まで追加料金なしで英会話を学べます。

25分のレッスンでは集中力が続かない小さなお子さんのために、10分のレッスンも用意されています。テキストは教育に70年の歴史がある「学研グループ」が監修していますので安心です。

そんなクラウティですが、継続して学んでいくためには料金プランが重要になってきます。そこで今回の記事では、クラウティの料金プランについて解説します。

クラウティの料金プラン

クラウティの料金プラン

クラウティの料金プランは非常にシンプル、全部で4種類用意されています。

全時間帯受講できるプラン」と「昼間だけの限定プラン(DAYSプラン)」が各2つあります。受講可能時間は5:00から24:00までが基本です。限定プランは5:00から16:00までとなっています。

全時間帯受講できるプラン」はスタンダードプレミアムでそれぞれの月額は、7,150円と10,780円(税込)になります。

昼間だけの限定プラン(DAYSプラン)」はスタンダード・DAYSプレミアム・DAYSとなり、それぞれ4,950円と8,800円(税込)です。

全てのプランが、毎日受講できる「毎日制」で他社で見られるような「回数制」ではありません。ただし気を付けなくてはいけないのが、レッスンはポイント制ということです。毎日レッスンを受講できますが、使用するポイントにより1日に受講できる回数が違ってきます。

多くのオンライン英会話のレッスン時間は25分が主流ですが、クラウティでは10分のレッスンも提供しています。10分のレッスンでは1ポイント、25分のレッスンでは2ポイントが必要です。

スタンダード(DAYS)プランでは2ポイント、プレミアム(DAYS)プランでは4ポイントが毎日付与されます。つまり、10分レッスンならば1日に2〜4回、25分レッスンならば1日に1回〜2回受講できるという訳です。

集中力の長く続かない小さなお子さんや家事などの隙間時間に学びたい主婦の方などに10分レッスンは重宝しますが、5分間損をするデメリットもあります。

まとめたものを表にしてありますが、レッスン単価は25分のレッスンを受講した場合です。

 月額(税込)ポイント数
スタンダード7,150円2p
プレミアム10,780円4p
スタンダード・DAYS4,950円2p
プレミアム・DAYS8,800円4p
 レッスン数レッスン単価
スタンダード最大2回230円
プレミアム最大4回174円
スタンダード・DAYS最大2回160円
プレミアム・DAYS最大4回142円

支払い方法

クラウティの支払い方法は、2つ用意されています。オンライン決済(クレジットカード)と店頭決済(現金)です。

使用できるクレジットカードは6種になります。

クレジットカード

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • Discover

現金での支払いは、全国にあるカルチャーセンターかセブンカルチャークラブの店舗で可能です。

注意しなければいけないのは、支払いの度に選択できるわけではなく、一番初めの支払いの際にどちらかを選ばなければいけません。

他社との比較

クラウティ比較

この章では、他社のオンライン英会話の料金プランと比較していきます。

今回比較するのは、「フィリピン人講師がメイン」と「毎日制の料金プラン」の2つに当てはまる、スパトレkimini英会話になります。

スパトレ

言語教育の専門家、ケース・ウェスタン・リザーブ大学の白井恭弘教授が監修する、第二言語習得論に基づく学習法を提供するのがスパトレ。

大量のインプットと少量のアウトプットを学習の基本としているので、予習復習は必須。徹底した自習を重視したオンライン英会話です。プロの外国人トレーナーや日本人サポートによる継続的なサポートにより、「本当の英語力」を身につける環境が整っています。

そんなスパトレの料金プランは、3つになります。初めに基本の2つのプランが、「スパトレプラン」と「ダブルプラン」になります。

スパトレプランは、月額5,980円(税込)で毎日1回レッスンを受講できるプラン。ダブルプランは、毎日2回受講できて月額9,980円(税込)です。どちらのプランもレッスンは、24時間365日受講可能で、レッスン時間は1回25分。

ただスパトレの教材は、全て無料ではありません。無料のオリジナルの教材も用意されていますが、別途購入しなければいけない市販の教材も使用します。ご自身の学ぶ内容により追加費用が掛かることもあります。

スパトレ月額(税込)レッスン単価受講回数
スパトレプラン5,980円193円1日1回
ダブルプラン9,980円162円1日2回

もう一つのプランが「SPECIAL PLAN」です。こちらは教科書準拠教材で学習できる特別なプランとなります。月額6,680円(税込)です。

最後にオプションとして「マンスリーサポートプラン」があります。月々の支払いに3,300円(税込)をプラスすることで、次の内容が受けられます。

ポイント

実力測定テスト(月1回受験可能)

日本人サポート(月1回受験可能)

スパトレの口コミ・評判記事はこちらをご覧ください。

【オンライン英会話】スパトレの口コミ・評判!受講して分かったIELTS・TOEIC対策ならココ

kimini英会話

レベル・目的別の140を超える豊富なコース・教材を学研が開発するのがオンライン英会話のkimini英会話です。

従来のオンライン英会話の主流となる日常英会話以外にも学生向きの英検やGTECなどの試験対策コースも充実しています。ホスピタリティの高いフィリピン人講師が1,500人以上も揃い、質の高いレッスンを提供しています。

そんなkimini英会話の料金プランは、回数制毎日制。さらに幼児専門のプランもあります。

回数制プランは、月2回、4回、8回の3種類で、それぞれ月額1,210円、2,420円、4,840円(税込)になります。最安値級の1,000円台から始められますが、その分レッスン単価は605円とちょっと割高です。

毎日制のプランは2種類でスタンダードプランとウィークデイプラン。スタンダートプランには受講可能な時間や曜日に制限がありませんが、ウィークデイプランは平日の9時から16時までとなります。その分料金プランには差が設けられており、月額6,380円と4,840円(税込)です。

幼児プランは時間や曜日の制限なく受講できますが、1レッスンは15分で1ヶ月に受講できる回数は8レッスンまでとなります。

料金プランとレッスン単価をまとめたのが下記の表です。

料金プラン月額(税込)レッスン単価
スタンダードプラン6,380円206円
ウィークデイプラン4,840円220円
幼児プラン7,260円908円
月2回プラン1,210円605円
月4回プラン2,420円605円
月8回プラン4,840円605円

料金プランの他に、レッスンチケットも用意あり、プラン以上にレッスンを受講したい、プランを契約する前にお試しで何度か受講したい、などの方に向いたシステムです。

プラン未加入と加入中では価格が違っています。

ポイント

  • プラン未加入:1,210円(税込)
  • プラン加入中:605円(税込)

kimini英会話の口コミ・評判記事は、こちらをご覧ください。

【オンライン英会話】kimini英会話の口コミ・評判!実際に受講してみた感じたこと

3社の比較

それではここからは、3社の比較となります。

まずは3社の料金プランとレッスン単価をまとめた表を見てみます。先述しました通りクラウティには10分と25分の2通りのレッスン時間を選べますが、条件を同じにするため25分のレッスンを受講した場合のレッスン単価で見ていきます。

クラウティ月額(税込)レッスン単価
スタンダード7,150円230円
プレミアム10,780円174円
スタンダード・DAYS4,950円160円
プレミアム・DAYS8,800円142円
スパトレ月額(税込)レッスン単価
スパトレプラン5,980円193円
ダブルプラン9,980円162円
kimini月額(税込)レッスン単価
毎月2回1,210円605円
毎月4回2,240円605円
毎月8回4,840円605円
スタンダード6,380円206円
ウィークデイ4,840円220円
幼児7,260円908円

まず最初にクラウティの料金プランの特徴の一つ「16:00時まで」の限定プラン「スタンダード・DAYS」は、kimini英会話にもあり「ウィークデイプラン」です。金額だけを比較すると4,950円と4,840円で大差が無いように思えますが、kiminiでは平日だけの16時までですので土日も受講できるクラウティの方がレッスン単価は安くなります。

もう一つのクラウティの特徴の小さなお子様向け用の10分レッスンの比較。こちらもkimini英会話の「幼児プラン」と似ていますが、kiminiでは1レッスンは15分で1ヶ月の最大受講回数は8回で月額7,260円(税込)となります。仮にクラウティのスタンダードプランで全て10分のレッスンを受講すると、受講可能回数は1日2回掛ける31日で62回受講できます。レッスン単価は115円となり、kimini英会話の908円とは約8倍違ってきます。

次に、1日2回レッスンを受講できるクラウティの「プレミアム」は月額10,780円でレッスン単価174円、スパトレでは月額9,980円でレッスン単価162円と800円の違いです。クラウティの料金プランでの最安値は「スタンダート・DAYS」月額4,980円(税込)ですが、1,000円台の回数プランのあるkimini英会話の方がお試しで始めやすくなります。

最後に、同じ条件での比較です。3社共に当てはまるのが「毎日1回プラン」です。

 月額(税込)レッスン単価
クラウティ7,150円230円
スパトレ5,980円193円
kimini6,380円206円

毎日1レッスン受講しようと思うとスパトレが月額5,980円(税込)と最安値です。レッスン単価は193円となり200円を切ります。クラウティとの差は1,170円で1年では14,040円の違いとなります。

家族みんなで学べるクラウティですが、その恩恵を最大限に受けられる料金プランは「スタンダードDAYS」と「プレミアム・DAYS」の時間限定プランでしょう。

クラウティでのお勧めの学習方法と料金プラン

クラウティ-おすすめの料金プラン

ここからは、これから英会話学習をクラウティで始めていこうと考えている初心者のために、お勧めの料金プランと学習方法を解説いたします。クラウティのレッスンを実際に受講して述べていきます。

おすすめの学習方法

まず最初に初心者のためのおすすめの学習方法です。

私はこのブログで大人の英会話学習初心者には次の3つのスキルを優先的に身につけるよういつも述べています。

ポイント

  1. 発音力
  2. リスニング力
  3. 基礎文法力

順番に解説します。

発音力

1番の「発音力」に関しては、年齢に関係なく一番初めに身につけて欲しいスキルとなります。英語に限らず言語を話す上でその使用する音を知らなければ、どの言語でも話すことは不可能です。発音を知らなければ、正確に発声することができません。

正確に発声できなければ、相手に通じる言葉とはならないのです。TOEICで高スコアを保持している方でも、実際の英会話となるとなかなか相手に通じる英会話にならないのはこのためです。英語と日本語では使用する音の数が大きく違います。英語独自の音を身につけて、区別できるようになることが英会話学習で最優先するべきスキルとなります。

幸いクラウティでは「発音講座シリーズ」でフォニックスのレッスンを受けられます。

フォニックスとは?

19世紀初頭に英語圏の子どもに向けて作られた教育法です。発音とスペルの対応関係が84のルールで整理されており、英語の音声を手掛かりに単語をスペリングできるようになるのが特徴です。

引用元:朝日新聞EduA「英語のスペルと発音にはルールがある?音声学習方法「フォニックス」とは」より抜粋

フォニックスを学べば、これからの英会話学習を効率良く進めることができます。聞いたことを書くこともできますし、始めて見る単語も発音することが可能です。少し時間をかけてじっくりと学んでおきましょう。

リスニング力

次に「リスニング力」ですが、こちらは「発音力」と大きく関係してきます。

英会話学習初心者の多くの方が、英語の発音を身につけないでリスニング力を上げようとしています。実際私も留学当初は同じことをしていました。テレビや映画などを1日に何時間も聞いていましたが、効果はあまりなかったのを覚えています。

それもそのはずです。自分で発声できない音を聞くことは大変難しく、なかなか聞けるようになりません。むやみやたらに英語を聞いていても、たいした結果は期待できないのです。発音を知らないままリスニング力を上げるのは非常に効率が悪いやり方になります。まずは、しっかりと英語の発音を身につけるのが最善です。

前置きが長くなりましたが、リスニング力が初心者の間から向上させたい2番目のスキルです。

多くの英会話学習初心者は文法や単語、重要フレーズを覚えれば英語を話せると勘違いしてしがちです。語彙力を増やすことは重要ですが、話せる英語力を向上させるには、リスニング力を上げることの方が重要です。英語を聞けるようになれば、聞いたことから学ぶことができます。頭で文法を理解するよりも、実際にたくさんの英語の会話を聞けば自然と文法力も身につきます。日本語と同じです。皆さんも子供の頃に文法の学習をしなくても、自然と日本語を話せるようになったはずです。

また、重要フレーズを丸暗記しても、どのような状況で使うのかは、実際の会話を多く聞かなければ分から無いことも多々あります。英語と日本語のニュアンスの違いによるものですが、間違えて使うと失礼なこともよくあります。

残念ながらクラウティにはリスニング特化のレッスンはありませんが、リスニング力は講師の話を聞いているだけでも上達します。

発音講座シリーズ」のレッスンを受講しながら、自習で賄うのが良いでしょう。自習では、できるだけ簡単な文章を聞くことをお勧めします。ディズニーの子供用のアニメや映画などなら楽しく学べるでしょう。間違っても専門用語が多い映画や海外のドラマはやめておきましょう。英語力が中上級者向けです。またYouTubeで簡単な文章を聞けるチャンネルも多くありますので活用しましょう。

・基礎文法力

最後に「基礎文法力」です。

リスニング力が身につけば、聞いた英語から文法を学べることは先ほど述べましたが、ここで述べる基礎文法力はリスニング力がしっかり身に付く前の段階のことを指しています。

文法力といっても本当に基礎の基礎です。文型で言うと、第1文型(S+V)、第2文型(S+V+C)、第3文型(S+V+O)までになります。この第3文型までを使いこなせるようになれば、日常英会話はおおよそ話せます。まず最初に英語の語順の基本となる「S+V」を徹底して身につけることが重要です。日本語と英語では語順が違うため、初心者の間は混同しがちです。

また、日本語では主語を省略して話すことがよくありますが、英語ではほとんどありません。このような英語と日本語の違いを頭だけで理解するのではなく、口から自然と出てくるように何度も練習することが大切です。さらに動詞と助動詞にも注意しましょう。日本人が間違えやすい時制をここで身につけておかないと、第4・第5文型で苦労します。

基礎文法力の学習方法に関しましては、大人の方向けとなります。先ほども述べたように、小さなお子さんでしたら英語を聞いているうちに自然と文法もある程度身につきます。理解力のある大人の方でしたら「中学文法別英会話シリーズ」や「大人のためのやり直し英文法シリーズ」のレッスンを受講しながら、先ほど述べたように自習でリスニングの練習をしましょう。

おすすめの料金プラン

最後におすすめの料金プランですが、学ぶ家族の人数によって違います。

初心者の間は自習が重要です。先ほど説明したスキルが身につく前から話す練習ばかりしても、大した効果は期待できません。まずは週2回ほどのレッスンを受講しながら、自分で発音やリスニングの練習をすることが大切です。

クラウティの料金プランは全て毎日制ですので、週2回のレッスンでは3人まで受講できます。多くの家族が「スタンダード」か「スタンダード・DAYS」で間に合うと思います。

小さなお子さんがメインで受講されるのなら「スタンダード・DAYS」。仕事で時間が取れないお父さんも参加するのなら、時間制限のない「スタンダード」でしょう。

クラウティの口コミ・評判記事はこちらをどうぞ。

クラウティ_アイキャッチ
【オンライン英会話】クラウティの口コミ・評判!家族みんなで始められる

引用元:クラウティ公式ホームページ ● 今回の記事では ポイント クラウティを始めてみたいけど評判を知りたいな? クラウティはどんな人に向いているのかな? クラウティについていろいろ知りたいな? 上記 ...

続きを見る

まとめ

この記事では、オンライン英会話のクラウティの料金プランについて解説しました。

クラウティの料金プランは、4種類用意されて全て毎日制です。10分と25分の選べるレッスン時間を組み合わせて、家族みんなで受講できます。スパトレとkimini英会話とも比較したので、参考となったでしょう。

本当にオンライン英会話で英語学習を始めたいのなら、まずは無料体験レッスンを受けてみましょう。

クラウティの無料体験レッスンは、こちらから受講できます。

クラウティ

クラウティの他の記事は、こちらをご覧下さい。

スポンサーリンク

-English