English

【オンライン英会話】イングリッシュベルの口コミ・評判!高品質の講師とレッスンを受講した感想

スポンサーリンク

イングリッシュベル

引用元:イングリッシュベル

● 今回の記事では

ポイント

  • イングリッシュベルを始めてみたいけど評判を知りたいな?
  • イングリッシュベルはどんな人に向いているのかな?
  • イングリッシュベルについていろいろ知りたいな?

上記の悩みを抱える方に、オンライン英会話のイングリッシュベルについて解説いたします。

● この記事で分かること。

イングリッシュベルの基本情報

イングリッシュベルの口コミ

イングリッシュベルが向いている方

● 本記事の信頼性

この記事を書いている私は、アメリカ、カリフォルニア州ロサンジェルスの南、「オレンジカウンティ」に約5年半住んでいました。ネイティブの友人もたくさんできて、日本に帰ってきてからもFacebookなどで連絡を取り合っています。

オンライン英会話スクールはたくさんありますが、講師の質にこだわっているところはそれほどありません。英語を話せるだけで講師をしている、いわゆるバイト講師がいるのも事実です。お金を出す以上しっかりした講師のレッスンを受けたいと思うのは、当たり前のことです。

そんな方におすすめなのがイングリッシュベルです。講師全員が教師経験者のオンライン英会話になります。

しかしながら、「いきなり受講するのは気が引ける」、「どんなオンライン英会話なのか知りたい」と思われると思います。そこで今回の記事では、実際に私がレッスンを受けた上で感想を述べていきます。良いところも悪いところも、余すところなく評価していきます。

この記事を読めばイングリッシュベルについて知ることができて、オンライン英会話スクール選びの参考になります。

イングリッシュベルの基本情報

”スピーキング力の向上”、”総合的な英語力”をテーマに「話すこと」・「聞くこと」を意識して2008年に設立されたオンラインスクールです。

日常会話・文法・単語に費やす時間が多い従来の学習方法に疑問を抱き、繰り返し学習が最も効果的であると認識し、日本で初めてカランメソッドを導入しています。その後もカランメソッドの進化版のDMEメソッドを導入し、イングリッシュベルの軸となるコースとなっています。

料金プランも更新制とその都度支払う2種類のプランを用意し、月5回から受講できますのでお手軽です。

採用後にしっかりトレーニングを受けた講師陣がレッスンをマンツーマンで担当しますので、質の高いレッスンを提供しています。

イングリッシュベルがどのようなスクールなのか具体的に見ていきましょう。

イングリッシュベルのコース・教材

初めにコースになります。

イングリッシュベルでは、初心者から上級者までの全てのレベルに対応した22のコースが用意されています。毎回同じコース・クラスを選択する必要はなく、今日はビジネスクラス、明日は発音のクラスなど自由に選択できます。

特記すべき特徴としては、「カランメソッド」、「DMEメソッド」、「IELTSクラス」になります。

カランメソッドを導入しているオンライン英会話はいくつかありますので、知っている方もいると思いますが、特徴としては下記になります。

カランメソッド

  • 通常のレッスンより4倍話せる
  • レッスン中には教科書を見ない
  • 英語脳を鍛えることができる

そしてこのカランメソッドの現代版が「DMEメソッド」となります。DMEメソッドもカランメソッドもダイレクトメソッド(直接教授法)を元に作られています

ダイレクトメソッドとは母国語を習得するのにターゲットとなる言語のみを使用し、会話を通じて自然にその言語を学習できるように設計された教授法です。

つまり英会話を学習するには、英語だけを使用したレッスンが一番と言うことです。ダイレクトメソッド自体はいくつもありますが、最も新しいメソッドが「DMEメソッド」になります。長所は引き継ぎながら、不足していた文法部分が強化され、現代に使われる言い回しや単語を加えたのが「DMEメソッド」になります。

そんなDMEメソッドを世界で初めてオンライン英会話で導入したのがイングリッシュベルになります。22コースの中で8つのコースがDMEメソッドに対応しており、短期間での英語力上達が期待できます。ただ教材を別途購入しなければいけないことは、覚えておきましょう。

そして、もう一つ他のオンライン英会話にないのが「IELT(アイエルツ)クラス」です。IELTSとはTOEFLと同じような英語力を測るテストになります

IELTS(International English Language Testing System)は、米国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、および英国を含む英語圏の国々に留学、就労、または移住を希望する人々の英語力を測定する、ハイステークスの英語試験です。

引用元:IELTS公式サイト「IELTSとは」

IELTSがイギリス発祥のテストで、TOEFLはアメリカ発祥になります。イギリス発祥と言っても世界140カ国、10,000以上の機関で認定されている4技能型の英語テストで、年間350万人以上の方が受験されています。

4技能型のテストですので、Reading、Listening、Wrting、Speakingの英語力がテストされますが、イングリッシュベルでは日本人が一番苦手なスピーキング部分の対策に特化しています。

TOEICや英検対策のコースは他のオンライン英会話でも受講できますが、IELTSのクラスがあるのは少ないので貴重です。

イングリッシュベルの料金プラン

イングリッシュベルの料金プランは、大きく分けて2つに分かれます。

自動更新プラン」と「その都度購入プラン」です。「自動更新プラン」は1レッスンあたりの価格が安くなり、「その都度購入プラン」は繰り越せて無駄が少ないと言う大きな特徴があります。

自動更新プラン

自動更新プランはその名の通り、毎月30日毎に自動でプランが購入されます

ただ利用期限が30日と決まっており、受講しなかったレッスンは消滅します。残ったレッスンを翌月に繰り越すことはできません。

また、レッスンの予約も購入してから30日以内になりますので、月20回、月40回のプランですと、前もってしっかりスケジュールを組まないと「受講できない」なんてことも起こり得ます。その分「その都度購入プラン」よりも安くなっています。

支払い方法は、「クレジットカード」か「Paypal」の2つになります。

自動更新プラン価格レッスン単価
月5回¥3,861¥772
月10回¥6,336¥663
月20回¥9,702¥485
月40回¥17,721¥443

*上記は全て税込価格です。

その都度購入プラン

その都度購入プランは、必要な時に購入するプランです

利用期限は「自動更新プラン」より10日間増えて40日間になります。また、期限の切れる前に買い足せば最長180日まで延長できます。その分レッスン単価は「自動更新プラン」より高く設定されています。

40回プランが2つありますが、デイタイム40回プランは午前8時から午後6時までと時間制限が設けられています。

支払い方法は、「クレジットカード」、「Paypal」、「銀行振込」、「楽天かんたん決済」となります。

その都度購入プラン価格レッスン単価
月5回¥4,290¥858
月10回¥7,040¥704
月20回¥10,780¥539
デイタイプ40回¥16,940¥423
いつでも40回¥19,690¥492

*上記は全て税込価格です。

家族プラン

上記2つのプランの他に家族でレッスンを受けたいと考えている方には「家族プラン」があります。

価格はその都度購入プランとほぼ同じですが、60回から100回までのプランがあり、レッスン単価が100回で440円(税込)と随分とお値打ちになります。ただ利用期限は自動更新プランと同じ30日になります。延長はその都度購入プランと同じ最大180日間です。

注意すべきなのは、あくまで「家族プラン」で購入した分でないと振り分けができないことです。その都度購入プランで残ったレッスンを振り分けたりすることはできません。また、一度家族にレッスンを振り分けてしまうともう元には戻せません

お子さんと一緒に英会話学習をしたいと考えている方には、お得な料金プランとなります。

家族プラン価格レッスン単価
5回¥4,290¥858
10回¥7,040¥704
20回¥10,780¥539
40回¥16,940¥423
60回¥29,040¥484
80回¥36,960¥462
100回¥44,000¥440

*上記は全て税込価格です。

イングリッシュベルの講師

次に講師についてです。

イングリッシュベルの講師は全員フィリピン人になります。

英語教師経験者」と「親しみやすい人柄」がマンツーマンのレッスンには重要と考え講師を採用しています。国際規格ISO9001の品質基準による管理体制のもと、採用後も研修やトレーニングを実施しており、質の高いレッスンを維持しています。

約90名以上の講師が在籍し、公式webサイトの「先生紹介」では講師の名前や年齢、講師歴や専攻などを確認できます。講師の音声も聞くことができますので、レッスンを予約する前にはチェックしておくといいでしょう。

ちなみに講師の予約はレッスン開始の5分前からできます。待ち時間が少なくていいので、受けたくなった時にすぐ受講できて便利です。

レッスン環境

イングリッシュベルのレッスンはSkypeを使用して行います。

独自開発の通信ツールによりweb上でレッスンを受講できるオンライン英会話が増えてきているので、遅れている感じは否めませんが、インターネット回線設備には力を入れています。インターネットプロバイダー2社と契約して、両社から専用の光ファイバーを引いています。

講師がたくさんいる他のオンライン英会話では、講師の自宅からレッスンを提供しているところもありますが、イングリッシュベルでは全ての講師がオフィスからレッスンをお届けします。また、全ての講師のパソコンに小型の無停電電源装置を備えてありますので、万が一の停電でも切断することなくレッスンを受講できます。

スマホやタブレットから受講するアプリもありませんが、その分安定してレッスンを受講できる環境を整備しています。

サポート

サポートは基本メールだけになります。電話での問い合わせはできません。ただレッスンの時間になっても講師からのコールがない場合のみSkypeで対応してくれます。ただし、現地のフィリピン人スタッフになりますので、英語での対応です。

FAQのよくある質問は用意されていますので、疑問点などがある方は前もってチェックしておくことをオススメします。

無料体験レッスンの内容

イングリッシュベルの無料体験レッスンは2回になります。1回目がレベルテストで、2回目は好きなレッスンを受講できます。

無料会員登録にはクレジットカード等の支払い情報を入力する必要はありません。「退会するのを忘れて自動で引き落とされてしまった」、なんてこともないので安心です。ただ、Skype名を入力する必要はありますので、事前にSkypeの登録は済ませておきましょう。

無料体験レッスンはこちらから!

楽しく学べる英会話【イングリッシュベル】

体験レッスンの内容(レベルテスト)

気になるレベルテストですが、下記の3つのパートに分かれていました。

・質疑応答

・リスニング

・スピーキング

最初に簡単な自己紹介をして、その後に質疑応答が始まります。聞かれた内容は下記のようなことです。

・なんで英語の勉強をしていますか?

・趣味は何ですか?

質疑応答というよりもフリートークに近い感じになります。私の回答に対して、さらに理由を聞いたり、趣味は映画鑑賞と答えたところ、何かアクティブな趣味はないの?と話を広げてくれます。

たぶん質疑応答の時間が決まっているのでしょう、こちらからしっかり話さないと、どんどん質問がきます。このパートが一番長かったと思います。時間にして15分ほどは話していました。

次のリスニングはTOEICなどのリスニング問題と同じようなものです。講師が音読した文章に一番あった答えを3択から選ぶものでした。答えはチャットを利用して答えていきます。こちらは時間にして約3-5分くらいで、その場で答え合わせもしてくれます。

最後のスピーキングですが、1枚の写真が送られてきます。気づいたことを5つ描写してください、というものでした。こちらも時間にして3-5分くらいでした。

テストが終わって10分ほどでテストの結果が送られてきます。10段階評価でスピーキング、リスニング、文法の3つのセクションで採点されます。そしてどのクラスを受講すればいいのか、おすすめのクラスを提案してくれます。

ちなみに2回目のレッスンでは、フリートークのクラスを受講しました。

イングリッシュベルのTwitterでの口コミ

https://twitter.com/ai_eigo/status/1403519286920941568?s=20&t=Ysx1s5ve-rQg66fl07ycMA

イングリッシュベルの特徴 (メリットとデメリット)

イングリッシュベルのメリットデメリットは下記になります。

メリット

  • 講師は全て教師経験者
  • DMEメソッドを受講できる
  • カランメソッドを受講できる
  • IELTS対策コースがある
  • 5分前から予約可能

デメリット

  • 講師は全てフィリピン人
  • レッスン環境はSkypeのみ
  • 日本人のサポートなし

基本情報のまとめ

基本情報をまとめたのが下記になります。

授業時間25分
レッスン単価¥423〜
教材基本無料
講師の国籍フィリピン
講師の人数90人以上
講師の勤務環境オフィス
予約必要
利用ツールSkype
対応時間24時間
無料体験あり、2回
適正初心者から上級者
レッスン形式マンツーマン
初期費用0円
サポートメール
支払い方法クレジットカード、銀行振込
運営会社Access e-talk plus inc
設立2008年

実際にレッスンを受講した感想・口コミ

それではここからは私が実際に2回の無料体験レッスンを受けてみて感じたことを書いていきます。レッスンのメリットだけでなく、デメリットも包み隠さず述べていきます。

ここが良かった

最初に良かったところになります。

質の高い講師陣

講師の質の高さです。私は今までにも他のオンライン英会話でフィリピン人講師のレッスンを受けてきました。だからこそ比較できるのですが、イングリッシュベルの講師は全員”英語教師経験者”というのは納得できます。

と言うのも、他社では講師ばかり話してこちらがあまり話す機会がないなんてこともありましたし、わざと文法の間違えをして話しても特に訂正されることがないなんてこともありました。

明るく親しみやすい性格のフィリピン人ですので、レッスン自体は楽しく受講はできますが、英会話を教えることについては疑問が残る講師がいたのは確かです。酷いところですとやる気が感じられない講師もいました。(疲れていただけかもしれませんが)

その点、イングリッシュベルの講師は生徒が積極的に話せるようにレッスンを進めているのがよくわかりますし、こちらの話していることにしっかりと注意を向けているのが感じられました。

1回目のレベルテストでも、2回目のフリートークのレッスンでも、あくまで生徒が学ぶための場所・機会というスタンスに立って授業は進められます。

明るく親しみやすい性格なのは変わりませんが、教えることには厳しく間違いはしっかり訂正されますので、うやむやにすることはありませんので学習効果は高いと感じました。

もちろん身につけるにはレッスン後の復習は必要ですが、質の高いレッスンを受けていると言う実感はありました。英語を教えていた経験がある講師だからこそできるレッスンだと感じました。

DMEメソッド

次に良かったのは、カランメソッドとDMEメソッドの豊富さです。

他のオンライン英会話では、日常英会話やビジネス英会話のコースが主体となっていますが、イングリッシュベルではDMEメソッドが軸となっています。日常英会話やビジネス英会話自体が悪いわけではないのですが、気を付けないとよくあるフレーズを読み合って終わり、なんてレッスンがあるのも事実です。

本当に正確で身に付く英会話学習のレッスンを提供しているオンライン英会話は少ないと思います。

その点イングリッシュベルでは、カランメソッドとDMEメソッドのクラスで強制的に正しい英語を話すことを求められます。

テキストの読み合わせでは必要のない、集中力と思考力を用いて話すことが必要になります。英語での質問を正しいフルセンテンスの英語で答えるわけですので、英語脳の訓練にもなります。

もちろん短い期間では大きな効果は期待できないでしょうが、他社の日常英会話のコースを受講するよりも学習効果は高いでしょう。普通の4分の1の時間で効果を期待できると言うのも納得できます。

ここがイマイチ

次にイマイチだったことになります。

通信ツールはSkype

大きなマイナス点ではないのですが、通信ツールのSkypeです。

他社では独自ツールを使用しているところが増えています。Google Chromeなどのブラウザーから受講できますので大変便利です。パソコンだけでなく、スマホからも受講できますので、忙しい方でしたら自宅だけでなく外出時にも受講可能です。

また、独自ツールでしたら画面も講師の顔だけでなく、テキストとチャットも同時に表示できますので効率よくレッスンを進めることができます。それに、ネット環境もブラウザーの方が安定しているように感じました。

実際にイングリッシュのSkypeでのレッスンでは講師の顔(画面)が乱れたり、音声が少し遅れて聞こえたこともありました。

このような現象を避けるために導入しているのが、独自ツールなのだと思います。

質の高さ

ここが良かったところでも書きましたが、質の高い講師とメソッド中心のレッスンになります。これは英会話学習の目的にもよるのですが、質の高い講師とレッスンと言うことは生徒にも求められるものが高くなります

生徒もやる気モチベーションを保ちながらレッスンを受けなければいけません。中学・高校としっかり英語の勉強をしてきて、文法も語彙力も中級レベル以上ある方でしたらついていけるでしょうが、初心者には結構大変だと思います。

普通の日常英会話のクラスを受講しながら、DMEメソッドのクラスを受講するというやり方もできますが、料金プランは他のフィリピン人講師のオンライン英会話と比較しても決して安くはありません。

同じような月額で毎日レッスンを受けれるオンライン英会話があるのを考慮すると、イングリッシュベルの一番の強みのカランメソッドとDMEメソッドのクラスをメインに受講しないと、ちょっと勿体無いと思います。

本気で英会話学習に取り組む必要がある方でないと継続していくのが難しくなるのではないかと感じました。

総評

それではここでイングリッシュベルの特徴と実際に受講してみた感想を踏まえての総評になります。

総評

  • 英語教師経験者の質の高いレッスン
  • 短期間での英会話力の向上を期待できる
  • 生徒側にも求められる学習意識の高さ

質の高い講師とレッスンがメリットのイングリッシュベルでした。反対に言えば、それだけ生徒も真剣に取り組む必要があると言うことです。

他のオンライン英会話と比較しても決して安い料金プランではありません。講師はフィリピン人だけですので、ネイティブから生きた英語を学ぶことも本当の発音に触れることもできません。

こんな方が向いている

向いている方

  • 中級者以上

イングリッシュベルが向いているのは、本当に英会話力が必要になる中級者以上の方だと思います。

仕事で英語を話さなければいけない、近い将来海外に移住する、などの方が一番向いていると思います。初心者の方には強い意志がないと続けていくのは大変だと思います。

イングリッシュベルは短期間で英会話力を向上させることができるスパルタタイプの塾のようだと思います。

無料体験を受けてみよう

イングリッシュベルのメリットとデメリットが分かっても、自分に合っているかは実際に受講してみないとわかりません。そんな時に便利なのが「無料体験レッスン」です

文字通り無料でレッスンを受けることができますので、まずはレッスンを受けてみましょう。

イングリッシュベルの無料体験レッスンは、レベルテストとレッスンの2回です。一度登録すればレッスンは利用期限は40日間あります。

自分が求めているスクールかを見極めるには十分な期間です。無料体験レッスンを賢く利用して、イングリッシュベルを体験してみましょう。

無料体験レッスンはこちらから!

楽しく学べる英会話【イングリッシュベル】

まとめ

今回の記事では、イングリッシュベルについて解説しました。

講師の質とレッスンの質の両方に力を入れているオンライン英会話でした。メリットもデメリットも考慮した上でご自身に合ったオンライン英会話を見つけてください。

ご自身の目的と生活習慣に合ったスクールで継続していくのが英会話力向上には大切です。

この記事が気に入った方は前回の記事もどうぞ。

「【オンライン英会話】QQEnglishの口コミ・評判!実際にレッスンを受講した感想」

スポンサーリンク

-English

© 2022 The World from noa*Blog Powered by AFFINGER5